基礎知識

手作り食や生食のメリットとは?作る時のポイントや注意点は?

手作り食や生食のメリットとは?作る時のポイントや注意点は?

愛犬にドッグフードの他に手作り食生食などを食べさせることもできます。
手作り食や生食をする際に注意すべき点を守りながら、新鮮で美味しい食材を使用した食事を作ってみませんか?

愛犬の年齢体調に合わせて作ることも可能ですよ。

手作り食・生食について

手作り食・生食について

ペットフードには保存ができて便利で手間が少なく栄養バランスがとれているというメリットがあります。
しかしペットフードに含まれる添加物原材料の安全性問題などがあるというのも事実です。

今は様々な種類のドッグフードから選んで食べさせることが可能となりドッグフードが主流ですが、手作り食のみ食べさせる方やドッグフードと手作り食・生食を併用する方法もあります。

手作り食・生食のメリット

手作り食・生食のメリット

手作り食・生食のメリットは、

原材料を自分の目で確かめられる

原材料を自分の目で確かめられる

実際に使用する食材を自分の目で確かめ選び使うことができるという事はとても重要な事です。

添加物などを入れなくてすむ

添加物などを入れなくてすむ

手作り食は作ったものをずべて食べ切ることになる、または冷凍保存するため保存を目的とした添加物を入れる必要がないため、安全安心なものを作ることができます。

年齢や体質、体調を考慮した作り方ができる

年齢や体質、体調を考慮した作り方ができる

例えば歯が抜けてしまってよく噛めず器官も細くなってしまったシニア犬には「くず粉や片栗粉でとろみをつけたもの」、「肉や野菜を煮たものをミキサーにかけたものを寒天で固めたもの」を作って食べさせることも可能です。

他におなかの調子に合わせた食事や体重管理のための食事など様々なパターンで作ってあげることができます。

新鮮なものを食べさせることができる

新鮮なものを食べさせることができる

自分で作って食べさせるため新鮮なものを食べさせることが可能です。
食材によっては生のまま食べさせることで食材の持つ酵素を取り入れることも出来ます。

同じ材料を与え続けなくてすむ

同じ材料を与え続けなくてもすむ

たんぱく質でもを使ったりを使ったりその日によって変えて食事を作ることが可能です。
メニューのバリエーションも増えて色々な食材を楽しむことができます。

旬の食材を使用できる

旬の食材を使用できる

旬の食材は栄養も豊富で美味しく食べることができますが、愛犬にも旬の食材を食べさせることが可能です。
自分の住んでいる土地の食材であればなおさら新鮮で美味しく食べることができます。

食物から摂れる酵素について

食物から摂れる酵素について

生の肉生野菜果物発酵食品などの食材には酵素が含まれています。
酵素は熱に弱いためできるだけ生の状態で摂取することが必要です。
酵素を摂ることで消化を助け胃腸や膵臓の負担をやわらげることができます。

手作り食・生食のポイントと注意点

手作り食・生食のポイントと注意点

手作り食・生食を食べさせる際に注意しなければいけないことは、「食べさせてはいけない食材に注意する(玉葱、長葱、ニラ、いか、たこ、香辛料、チョコレートなど)」、「調味料で味付けはしない」という点には注意が必要です。

手作り食・生食のポイントは、
水分を多めにする
・素材は小さめにカットする
色々な食材を使用する

という点をしっかりと取り入れた食事作りをしてください。

手作り食・生食のまとめ

手作り食・生食のまとめ

手作り食・生食はドッグフードに比べて栄養のバランスなど不安に思う所があるとは思いますが、ドッグフードと併用することで愛犬もいつもと同じ食事ばかりではなくちょっと違った味を楽しむことができます。

様々な食材を使用して愛犬の体調に合わせて作ることが出来るという点が手作り食・生食のいいところなんです。

【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング
【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング♪ドッグフードは様々な種類のものがあり、愛犬にどんなドッグフードを食べさせたらいいか悩む飼い主さんも多いのではないでしょうか?愛犬が喜んでおいしそうに食べてくれて、飼い主さんも安心して与えることのできるドッグフードにはどの様なものがあるのでしょうか?ドッグフードを選ぶポイントは愛犬の身体の状態や年齢、好みやアレルギーなど様々なものがあります。今回はドッグフードにたんぱく質が多く含まれている【動物性たんぱく質含有量】を重視したおすすめドッグフードランキングを紹介します。...

執筆者:ルチア