体験談

「シュプレモ」ドッグフードを徹底分析!特徴・食べた評価まで

ニュートロシュプレモのサンプルパッケージ

今回はサンプルでいただいた「ニュートロ シュプレモ 体重管理用」を愛犬に実際に食べさせてみました。
パッケージに記載されている内容やメーカーのホームページなどの情報をもとに特徴を分析した結果と、愛犬が食べた時の様子をまとめてみました。

「ニュートロ シュプレモ」ドッグフードの特徴

ニュートロシュプレモのサンプルパッケージ

まずは「ニュートロ シュプレモ」ドッグフードにはどの様な特徴があるか分析してみました!
シュプレモ」は超小型犬~小型犬用全犬種用があり、それぞれに子犬用成犬用エイジングケア体重管理用のラインナップがあります。

シュプレモ」にはドライフードの他にウエットフードの全犬種用カロリーケアタイプもあります。

17種類の厳選自然素材のホリスティック・ブレンド

ニュートロシュプレモの粒

シュプレモ」は栄養豊富な17種類の厳選された自然素材を最適にブレンドすることで抜群のおいしさを引き出し、栄養素としての働きを高め合い、愛犬の健康維持をサポートします。

さらに良くなった消化率

シュプレモ」は原料の質食物繊維のバランスにこだわることで、抜群の消化率を実現して、栄養価が高いだけではなく、消化も良くすることで愛犬の健康維持をサポートします。

今回は「ニュートロ シュプレモ 体重管理用」ドッグフードのについて分析してみました!

「ニュートロ シュプレモ 体重管理用」ドッグフードの基本情報

ニュートロシュプレモの裏表示
名 称ドッグフード
原産国アメリカ
ベース(主原料)チキン肉、チキンミール
4Dミート×
穀 物
着色料×
保存料×
香 料×
酸化防止剤△天然素材由来のビタミンEを使用
対応年齢生後8ヶ月以上の成犬用
犬 種超小型犬~小型犬用
1kg当たりの価格1,756円(定価・税抜)/容量1kg
容 量1kg、3kg、6kg
カロリー335kcal/100g
賞味期限開封後はなるべく早く使い切る

「ニュートロ シュプレモ 体重管理用」こだわりの原材料と成分は?

こだわりの原材料

ニュートロ シュプレモ 体重管理用」に使用しているこだわりの原材料と成分には、

肉や魚を原料

しなやかな筋肉や体形の維持に配慮した良質な動物性たんぱく質であるチキンカルニチンを含むラムDHAEPAを豊富に含むサーモンを組み合わせています。

チキン第1主原料に使用し、自然素材が本来持っている抜群のおいしさを実現しています。

全粒穀物と種実とナチュラル・オイル

皮膚被毛や消化吸収の健康維持に配慮し、リノール酸を豊富に含むひまわり油α-リノレン酸ポリフェノールが豊富な亜麻仁、自然由来のビタミンミネラルが豊富な玄米や消化しやすいオーツ麦を組み合わせています。

野菜と果実と種実

健康抵抗力の維持に配慮して、自然の恵みたっぷりのトマトケールブルーベリーリンゴチアシードなどを組み合わせています。

ファイトケミカルとも呼ばれる野菜、果実や種実に含まれる抗酸化成分は組み合わせることで相互作用をもたらします。

原材料の中には「チキン(肉)」の他に「チキンミール」がありますが、副産物ミールは不使用とのことですので品質的に問題ないと思われます。

体重管理用のドッグフードですので脂質カロリー抑えつつ、良質な動物性たんぱく質を使用している低脂質・低カロリーのドッグフードです。

「ニュートロ シュプレモ 体重管理用」ドッグフードを実際に食べさせた様子

ドッグフードを食べている様子

我が家の愛犬は大型犬で食欲旺盛!なので普段から食べさせるのが大変ということは全くないのですが、ドッグフードを開けた時の反応で好みがわかります。

開封時や食いつきは?

開封時や食いつきは

開封時とても鼻をクンクンさせて臭いにつられて寄ってきます。
お気に入りのニオイの時の反応です。
フルーティーな香りが特徴的に感じました。

食いつきはとてもよく、あっという間に平らげてしまいました。

粒のサイズは?

ニュートロ シュプレモ 体重管理用」の粒のサイズは約10mmの大きさの小粒タイプで小型犬でも食べやすいサイズになっています。

「ニュートロ シュプレモ 体重管理用」ドッグフードの気になる点は?

穀物不使用

ニュートロ シュプレモ 体重管理用」は穀物不使用ではありません
第1主原料チキンを使用していますので穀物チキンアレルギーがある子は注意が必要です。

原材料として副産物ミール、コーン、小麦、たんぱく質源としての大豆、着色料、香料、化学合成物は使用していないようです。

「ニュートロ シュプレモ 体重管理用」ドッグフードのまとめ

ニュートロシュプレモのサンプルパッケージ

ニュートロ シュプレモ 体重管理用」ドッグフードはこだわりの原材料をバランスよく配合したドッグフードです。
脂質カロリー控えているため太りやすい、太ったしまった愛犬の体重管理におすすめです。

自然素材をふんだんに使用し、栄養価が高いだけでなく消化もいいのがポイントです。
ドライフードだけではなくウエットフードもあるので上手に使い分けてみてください。

【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング
【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング♪ドッグフードは様々な種類のものがあり、愛犬にどんなドッグフードを食べさせたらいいか悩む飼い主さんも多いのではないでしょうか?愛犬が喜んでおいしそうに食べてくれて、飼い主さんも安心して与えることのできるドッグフードにはどの様なものがあるのでしょうか?ドッグフードを選ぶポイントは愛犬の身体の状態や年齢、好みやアレルギーなど様々なものがあります。今回はドッグフードにたんぱく質が多く含まれている【動物性たんぱく質含有量】を重視したおすすめドッグフードランキングを紹介します。...

執筆者:ティアラ