ボディケア

愛犬の皮膚は大丈夫?肌荒れ対策とスキンケアについて

愛犬の皮膚は大丈夫?肌荒れ対策とスキンケアについて

犬の皮膚は人間よりも薄いため、外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。
毎日のケアの中で愛犬の肌の状態を確認することはとても大切です。
肌の状態を毎日確認することで、肌の異常に気付くことができるのです。
犬の皮膚についてや肌荒れの原因、対策についてまとめてみました。
すぐに確認したい方はこちらから確認できます♪

▼温泉から生まれた愛犬のスキンケア『アヴァンス』▼アヴァンス>>『アヴァンス』の詳細はこちら<<

犬の皮膚の構造とは

犬の皮膚の構造とは

身体を覆っている皮膚には、暑さ、寒さ、紫外線、ホコリ、細菌などから身体を守ったり体温の調整温度や痛みを感じる感覚器官としての働きなどの役割があります。
犬の皮膚の構造は人間とは違う点が3つあります。

皮膚が薄い

犬の皮膚は人間と同じように表皮真皮皮下組織3層で構成されています。
身体の一番外側にある表皮は外部の刺激から身体を守る働きがあるのですが、人間に比べると犬の表皮はとても薄く人の1/5~1/6程度の0.1mm以下の厚さ角質層人の1/3程度しかありません。

そして表皮が薄いということは刺激に弱いということになります。

皮膚が毛に覆われている

犬は全身が毛で覆われていて、1つの毛穴からたくさんの毛が生えています。
たくさん生えている毛には比較的長いトップコートと短くて細いアンダーコートの2種類の毛があるのが特徴です。

表皮が薄いため、たくさん生えている被毛が皮膚を保護して刺激から守ってくれます。
被毛は春や秋になるとアンダーコードが生え変わって温度調節を行うことで、環境に対応できるようになっています。

汗のかき方

人間の全身に分布しているエクリン汗腺犬の肉球にしかないため、人間の様に汗をかくのは肉球のみとなります。
犬の汗腺は人間とは異なり、アポクリン汗腺といわれる人間のわきの下などにある汗腺が全身に分布しています。

アポクリン汗腺は毛包につながっていて、アポクリン汗腺からベタベタした汗をじわっとかくため、犬独特の臭いの原因にもなります。

犬の肌荒れの原因は?

犬の肌荒れの原因は?

皮膚の水分を保って潤いやハリの良い皮膚を維持して、外部からの細菌や刺激から皮膚を守っているのは皮膚の表面にある皮脂膜です。
しかし過剰なケアストレス偏った食生活などによって皮脂の分泌に異常が生じることもあります。

皮脂の分泌に異常が生じると臭いの原因になったり、皮脂の分泌が足りなくなって肌が保護されなくなってしまい乾燥してかゆみやフケが出る原因にもなります。

かゆみが出てくると爪で身体を掻いたり、噛んだりすることによって皮膚を傷つけてしまい、その傷から菌が入り込むことによってよりひどい炎症を起こしてしまうこともあります。

犬の肌ターンオーバーについて

犬の皮膚も人間と同じように一定期間で新しく生まれ変わります
皮膚の一番下にある基底層で作られた細胞は徐々に表面へと押し上げられていき、最終的にフケとなってはがれ落ちます。

この一連の肌細胞の流れのことをターンオーバーと言います。
犬のターンオーバーのサイクルは約20日で、皮脂が多くなると5~10日程度に短くなってしまうこともあります。

乾燥による肌荒れ

ターンオーバーのサイクルが早くなると次から次へ新しい皮膚が作られていくため、フケが多く出てしまいます
逆に肌が乾燥することによって角質層が浮き上がってしまい、その隙間から皮脂が出て皮膚や被毛がべたついてしまうこともあります。

この様に乾燥による肌荒れと言っても様々な症状が出てしまうのです。
犬の身体で乾燥しやすい部分は、肉球の様な被毛が無い部分や内股・脇などの柔らかい部分、首周りなどになります。

犬の肌荒れの対策方法

犬の肌荒れの対策方法

肌荒れの対策方法にはどの様なものがあるのでしょうか。

加湿する

温風の出る暖房などで部屋が乾燥してしまうと愛犬の皮膚も乾燥してしまいます。
対策としては加湿器を使用したり、洗濯物を干すなどをして湿度は50~60%程度になるようにしましょう。

エアコンの風が直接身体にあたらないようにする

エアコンの冷風や温風を直接身体にあててしまうと必要以上に皮膚が乾燥してしまいます。
直接身体に風が当たらないようにが風の向きを調整するといいでしょう。

ブラッシングと定期的なシャンプー

フケとなってはがれ落ちる角質層を落とすためにも、ブラッシングは必要です。
ブラッシングは毛の中にある抜け毛を取り除き皮膚に空気をあてることができ、蒸れを防ぐこともできます。

ブラッシングの刺激が代謝をアップさせたり、血行を促進されてくれる効果も期待できます。
定期的にシャンプーをすることは、古い角質や余分な皮脂、汚れなどを落として皮膚の清潔を保つことができます。

肉球のケア

犬の肉球は空気の乾燥だけでなく、冬場に外に散歩に行った時にアスファルトの冷たさで肉球がひび割れてしまったり、あかぎれになってしまう場合もあります。

そのままにしておくとひび割れから出血したり肉球が固くなってしまうので、肉球用の保湿ケアクリームを塗ってしっかりとケアしてあげましょう。

おすすめのスキンケア

おすすめのスキンケア

天然成分100%のペット用スキンケア化粧水のアヴァンスは皮膚トラブルによる脱毛や乾燥肌、かゆみ、フケが出るなどの症状に使用することで症状をやわらげることが期待できるノンアルコール、無添加、防腐剤フリーの化粧品です。

アヴァンスは、皮膚トラブルに効果が期待できる別府温泉で発見された特許成分の温泉藻類RG92のエキスや、肌に潤いを与える温泉酵母、肌から吸収されやすい低分子化した加水分解コラーゲンを配合しているため、皮膚と被毛の両方に働きかけてくれます

スプレータイプですので地肌に吹きかけて馴染ませてあげたり、綿棒やコットンに吹きかけて使用したり用途に合わせて使用することが出来ます。
アヴァンスを吹きかけてからブラッシングすると毛並みや毛艶のお手入れをすることも出来る優れものです。

アヴァンス1日2回以上スキンシップをとりながらケアをするのがおすすめです。

「アヴァンス」の詳細ページはこちらで確認できます

犬のスキンケアのまとめ

犬のスキンケアのまとめ

犬の皮膚は人間に比べると非常に薄く外部からの刺激に弱いため、日頃からのケアが重要になってきます。
乾燥による肌荒れはとても多く見られる肌トラブルの為、毎日ブラッシングなどのケアをしながら愛犬の肌の状態をしっかりチェックして、早期発見して対策をするのがベストです。

気温や湿度、体調不良など様々な原因で肌トラブルが起こってしまうため、適切な対策をしてあげましょう。
肌荒れは放置したままにしておくと、悪化する場合もありますので注意が必要です。
すぐに確認したい方はこちらから確認できます♪

▼温泉から生まれた愛犬のスキンケア『アヴァンス』▼アヴァンス>>『アヴァンス』の詳細はこちら<<

執筆者:ラブ