臭い

犬の臭い対策|犬の臭いのついた洗濯物はどうやって洗えばいいの?

犬の臭い対策|犬の臭いのついた洗濯物はどうやって洗えばいいの?

犬の臭いがついてしまった洗濯物を洗う時に臭いが落ちにくかったり、抜け毛がまとわりついて取れないなどの悩みはありませんか?
犬の臭いがついてしまった洗濯物は普通に洗ってもなかなか上手く臭いが取れないことが多いのです。
犬の洗濯物の洗い方洗う時の注意点などについてまとめてみました。
すぐに確認したい方はこちらから確認できます♪

▼抜け毛をつきにくくする洗剤『リモサボン』▼リモサボン>>『リモサボン』の詳細はこちら<<

犬の臭いがついた洗濯物はどう洗う?

犬の臭いがついた洗濯物はどう洗う?

犬の臭いがついてしまった洗濯物どの様に洗うといいのでしょうか。

手洗いする?洗濯機で洗う?

犬の臭いがついてしまった洗濯物を洗う時にどうやって洗ったらいいのか迷うことはありませんか。
少量の洗濯物や型崩れするもの、汚れがひどいものなどは手洗いで洗うことをおすすめしますが、バスタオルなどの大きいものは洗濯機で洗った方がいいものもあります。

洗濯機で洗う際には自宅の洗濯機を使用して洗いましょう。
コインランドリーでは衛生的に問題があるためペット用品の洗濯を禁止している所がほとんどです。

人間用と犬用は別々に

人間の衣服などと犬の洗濯物一緒に洗うのはおすすめしません
犬の洗濯物には犬独特の皮脂抜け毛などがついているため、せっかく洗濯しても汚れが落ちないだけでなく人間の衣類などについてしまって大変なことになってしまう可能性もがあります。

そして犬の皮脂をキレイに落とすことが出来ないと皮脂に菌が繁殖して臭いが発生する原因にもなります。
以上のことより、人間の衣服と犬の洗濯物は別々に洗うことをおすすめします。

抜け毛は先に取っておく

洗濯をする前に洗濯物についてしまっている抜け毛を取っておきましょう
洗濯をすれば抜け毛も落ちると思われがちですが、洗濯機のくず取りフィルターについて取れにくくなってしまったり、次に洗った洗濯物に残っていた抜け毛がついてしまったりするためです。

粘着ローラーなどを使ってできるだけ付着している抜け毛を取ってから洗濯するようにしましょう。

臭いが強い時はコレ!

まずは臭いが強くなってしまう前にこまめに洗濯することをおすすめします。
臭いが強くなってしまうと落とすのが大変になってしまうからです。
目立つ汚れ気になる臭いがある場合には、汚れなどを軽く手洗いで落としてから酸素系漂白剤を使用して30分程度つけおきしてから洗濯します。
つけおきする時には40℃程度のぬるま湯を使うと効果的です。

犬の洗濯物を洗う時の注意点

犬の洗濯物を洗う時の注意点

犬の臭いがついてしまった洗濯物を洗う時の注意点にはどの様なものがあるのでしょうか。

洗濯物を詰め過ぎない

洗濯機で洗濯する場合、ギュウギュウに詰め込んでしまうしっかりと洗うことが出来ず、汚れがきちんと落ちていないことがあるからです。
しっかりと汚れを落とすことが出来ないとせっかく洗濯しても他の洗濯物にまで臭いがついてしまうなんてこともあるので注意しましょう。

くず取りフィルターのゴミをチェックする

洗濯する前に粘着ローラーなどで抜け毛を取ってから洗濯したとしても、完全に抜け毛を取り切れるわけではありません。
洗濯した時に洗濯機のくず取りフィルターに抜け毛が詰まってしまうことがありますので、洗濯後にくず取りフィルターに溜まった抜け毛をきちんと取り除きましょう

そのままにしてしまうと菌が繁殖したり、次に洗う洗濯物に付着したりする可能性があります。

洗ったらすぐに乾かす

洗濯が終わったらすぐに干しましょう
洗濯後に濡れたまま放置してしまうと菌の繁殖臭いの発生の原因になってしまいます。

おすすめ犬用洗濯洗剤

おすすめ犬用洗濯洗剤

リモサボン消臭効果の他にペットの抜け毛が付着しにくくなる衣類用液体洗剤です。
通常の洗濯洗剤と変わらない洗浄力がありながら、茶の木から抽出されたチャ乾留液を配合することによってペット特有の臭いを消臭する効果も期待できます。

ペットの抜け毛衣類などは静電気が発生しやすい関係にあり、この静電気のせいで抜け毛がつきやすくなってしまいます。

リモサボンは2つのコーティング成分

・抜け毛を離れやすくする成分(帯電防止効果)
・抜け毛を付着しにくくする成分(再付着防止効果)

を配合することによって、静電気の発生を抑えてくれます

「リモサボン」の詳細ページはこちらで確認できます

落ちにくい臭い対策は?

落ちにくい臭い対策は?

なかなか落ちにくい臭いの対策にはどの様なものがあるのでしょうか。

たくさん汚れがついている場合には

汚れがたくさんついてしまった場合は、まず洗う前に落とせる汚れは落としてしまいましょう。
その後に40℃程度のぬるま湯を使って手洗いで汚れや臭いが気になる部分を集中して落とします

それでも取れ切らない場合は、酸素系漂白剤に30分ほどつけおきしてから洗濯します。
犬用の洗濯洗剤を使用するものおすすめです。

オシッコ臭対策には

オシッコの臭いがついてしまった洗濯物の場合、酸性のクエン酸などを使用するのがおすすめです。
水道水100mlにクエン酸小さじ1/2を加えてよく混ぜたものをスプレー容器に入れて、臭いが気になる部分に吹きかけます。

ウンチ臭対策には

ウンチの臭いがついてしまった洗濯物の場合、アルカリ性の重曹などを使用するのがおすすめです。
重曹を直接振りかけてから手洗いするといいでしょう。

犬の消臭【洗濯編】のまとめ

犬の消臭【洗濯編】のまとめ

犬の洗濯物の臭いを落とすには、臭いの原因にもなる皮脂抜け毛しっかりと落として洗うことが重要です。
洗う前にしっかりと抜け毛を落として、汚れや臭いが気になる部分には予洗いつけおきしてから洗うといいでしょう。

洗濯機を使用する場合には、洗濯後に洗濯機に残った抜け毛をきちんと取り除いて菌が繁殖しないように注意してください。
普段からこまめに洗って汚れや臭いをしっかり落とすことで臭いの蓄積を防ぐ事ができ、清潔を保つことが出来ます。
すぐに確認したい方はこちらから確認できます♪

▼抜け毛をつきにくくする洗剤『リモサボン』▼リモサボン>>『リモサボン』の詳細はこちら<<

執筆者:ルチア