ペット保険

愛犬のためのペット保険はどう選ぶ?ペット保険の種類や特徴について

愛犬のためのペット保険はどう選ぶ?ペット保険の種類や特徴について

愛犬は病気やケガで突然病院にかかることがあります。
ペットには公的保険がないため病院でかかる費用は100%自己負担となり、あまりの高額にビックリした経験がある方も少なくないでしょう。

いざという時のためにペット保険に加入したいと思っていてもどの保険を選んだらいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。
保険を選ぶ時の参考としてペット保険について選び方などをまとめました。
すぐに確認したい方はこちらから確認できます♪

▼大切なペットの保険選びは!▼ペット保険>>【ペット保険資料一括請求】の詳細はこちら<<

ペット保険とは?

ペット保険とは?

ペット保険は加入することによってケガや病気で発生した通院費入院費手術代などの一部費用を保険会社が負担し、医療費の自己負担が軽減される保険です。
通院入院手術などのメイン補償特約という形でオプションの補償をつけることも可能です。

特約は保険会社によって様々なものがありますので、必要に応じて追加することができますので総合的に判断するといいでしょう。

ペット保険の必要性は?

ペット保険の必要性は?

近年、ペット医療の充実ペットフードの質の向上などによってペットも高齢化が進み同時に病気にかかるペットも増加しています。

ペットはケガや病気になって動物病院に行くとかかる費用の100%を飼い主さんが自己負担することになります。
100%自己負担となると結構な金額になってしまうことが多いのが現実です。

そんな時にペット保険に加入していると自己負担を減らすことができるので大変助かります。

ペットが病気やけがをする可能性

ペットが病気やけがをする可能性

愛犬がケガをしたり、手術が必要になったりして病院にかかる可能性は常にあります。
いつどのように調子が悪くなるかはわかりません。
6歳を超えたあたりにシニア期に近くなってくると徐々に病院にかかる割合が増えていきます。

いざという時に備えた対策が必要になってきます。

ペット保険の選び方

ペット保険の選び方

ペット保険はどの様に選べばいいのでしょうか。

どの補償内容を重視するか

どの補償内容を重視するか

ペット保険にはメインの補償3つあります。

①通院保障

ペットがケガや病気などで病院に行き診察、治療を受けた時に支払われる補償
補償の対象に該当する病気や治療法は保険ごとに違います。
一般的に予防接種や不妊治療健康診断などは対象外です。

②入院保障

ペットがケガや病気で入院した時に支払われる補償
保険によっては入院の対象となる内容が異なるので注意が必要です。

③手術補償

ペットがケガや病気などで手術をした際に支払われる補償
日帰り手術対象のものもありますので保険を選ぶ際にきちんと確認しましょう。

保障の割合

補償の割合

ペット保険には30~100%の割合で補償範囲を選べる商品があります。
補償の割合だけでなく補償限度額補償日数回数制限などがある場合もありますのでよく確認してから選ぶようにしましょう。

いろいろある特約とは?

いろいろある特約とは

ペット保険にはメインの補償に追加することができる特約がある保険もあります。

がんに対する補償やペットが亡くなった時の火葬や葬祭、仏具の購入費の補償などをプラスするもの、ペットが他人にケガをさせたり物を壊した時の賠償責任保険など各社様々なタイプの特約があります。

保険料はいくらかかるの

保険料はいくらかかるの

メインの補償特約のプランの案が出来たら保険料はいくらかかるのかを確認します。
ペット保険は基本的に終身保険となっていて1年契約で更新するタイプの保険が多くなっています。

犬種や保険に加入する時の年齢によって保険料が違いますので保険加入時の年齢から寿命と思われる年齢までの一生涯かかる合計金額で検討するのがおすすめです。

月払い年払いなどの支払い方法によっても金額に差が出ますので愛犬の一生にかかる費用として検討した方がいいでしょう。

うれしい割引がある場合も

うれしい割引がある場合も

ペット保険の種類によって継続割引無事故割引、2頭以上加入すれば多数割引、インターネットから申し込むとインターネット割引になるなど保険の種類によって割引がある場合があります。

加入条件は?

加入条件は

ペット保険にはペットの種類年齢健康状態などで加入できる条件を設けている場合があります。
保険の種類によって異なりますのでしっかりと確認してから申し込みましょう。

補償開始までの待期期間とは?

ペット保険の資料請求をしてみた

ペット保険によっては契約後補償が開始するまでの間に「待機期間」を設けている場合があります。
この場合「待機期間」が終了してから補償が開始するという事になるので注意が必要です。

保険を使っての支払い方法は?

選び方

動物病院で一度支払いを済ませてから保険会社に請求して保険金を受け取る「立替請求型」と動物病院で支払いの時に保険の証明を提示して保険給付分を差し引いて自己負担額のみを支払う窓口請求型」があります。

多くの場合「立替請求型」となりますが、保険の種類や病院によっては「窓口請求型」の対応をしていることもありますので、かかりつけの動物病院に確認しておくといいでしょう。

ペット保険のまとめ

ペット保険のまとめ

ペット保険は近年のペットの高齢化や病気やケガでかかる費用の自己負担が大きいことから加入を検討する方も増えています。

様々な種類の保険があるためにどの保険を選んだらいいのかわからないと悩んでいる方もいます。

自分の愛犬の年齢、状態に合わせて一生涯保険料を払い続けることを考慮して保険選びをしましょう。

それぞれのご家庭によって状況も違いますので、自分にピッタリの保険を慎重に検討してください。

シンプルな保険「ペッツベスト」はこちら

▼シンプルでわかりやすい3つのプラン!▼ペッツベスト>>『ペッツベスト』の詳細はこちらから<<

たくさんある保険の中からゆっくりと選びたい方はこちら

▼大切なペットの保険選びは!▼ペット保険>>【ペット保険資料一括請求】の詳細はこちら<<

愛犬のためのペット保険の資料請求と見積りをしてみました!
愛犬のためのペット保険の資料請求と見積りをしてみました!ペット保険には様々な種類のものがありどれを選んだらいいのか迷ってしまいます。数社分のペット保険をまとめて比較検討できて自分の希望する資料を送ってもらうことのできるサイトやインターネットで簡単に見積りがとれるサイトなどもあります。ペット保険の選び方はそれぞれご家庭によって違いますのでどの保険がいいかは一概に言えません。自分の希望する補償にピッタリなペット保険を探すことが1番です。実際に資料請求や見積りをした状況をまとめてみました。...

執筆者:ラブ