ペットの葬儀

愛犬が亡くなった時に送り出すためのお葬式【ペット葬儀】や供養とは?

愛犬が亡くなった時に送り出すためのお葬式【ペット葬儀】とは?

ペット葬儀とひとことで言っても様々な形があります。
愛犬が亡くなってしまった時に飼い主として送り出してあげる方法としてペット葬儀があります。

大切な家族の一員である愛犬を送り出すために、ペット葬儀種類供養する方法などについてまとめました。
すぐに確認したい方はこちらから確認できます♪

▼ペットのお見送りをお手伝い『ペット葬儀110番』▼ペット葬儀110番>>『ペット葬儀110番』の詳細はこちら<<

▼旅立ったペットを思い偲ぶ『ペット仏具専門店【OMOI-想い-】』▼OMOI>>『ペット仏具専門店【OMOI-想い-】』の詳細はこちら<<

ペット葬儀とは?

ペット葬儀とは?

愛犬は大切な家族の一員でかけがえのない存在です。
ペットを飼うということはほとんどの方が愛犬の死を迎えることになります。
大切な愛犬が亡くなってしまうと深い悲しみが押し寄せて何もできなくなってしまうことも。

しかし大切な愛犬だからこそきちんと火葬して供養してあげましょう。
またペット葬儀飼い主が愛犬が亡くなったことを受け止めるためにも必要であるという考え方もあります。

ペット葬儀の種類

ペット葬儀の種類

ペット葬儀を行う場合、ペットの火葬を行っている葬儀社に連絡をして依頼をします。
火葬火葬場でおこなうものと車に移動式の火葬炉を搭載している火葬車で行うものがあります。

ペットの火葬の種類としては次のようなものがあります。

合同火葬

他の家庭で飼われていたペット一緒に火葬を行い、遺骨は返却されずに基本的にはまとめて骨壺に納め、慰霊堂などに納めて供養される場合が多い。
費用があまりかからない供養となります。

個別火葬

愛犬のみでの火葬となります。
火葬の立会ができる場合が多く、遺骨は骨上げしたものを受け取って納骨または返骨どちらかを選ぶことができることが多い。
合同火葬より若干費用が高くなります。

立会火葬

愛犬のみの火葬となります。
火葬の立会骨上げまで立ち会うことができます。
遺骨は納骨または返骨のどちらかを選ぶことができることが多い。
個別火葬より若干費用が高くなります。

訪問火葬

移動火葬車が自宅に訪問して火葬します。
遺骨は骨上げしたものを受け取る又は骨上げし、納骨または返骨どちらかを選ぶことができることが多い。
費用は合同火葬より若干高く、個別火葬より若干安い場合が多い。

ペットを供養する

ペットを供養する

ペットが亡くなって火葬した後の供養方法は各ご家庭で様々でこれといって決まった方法というものはありません
ペットの供養の方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

埋葬する

埋葬する

愛犬の遺骨をペット霊園などに埋葬する方法には次のようなものがあります。

①合同供養

他のペットと一緒にお墓に埋葬する方法
比較的費用がかかりません。
ペットがさみしくないように選ばれる方も多い。
供養祭が行われる霊園もあります。

②個別墓地

ペットごとに個別のお墓を用意します。
人間のお墓と同じように愛犬の名前を刻むことができます。
費用は一番高くなります。
いつでもお参りに行くことができます。

③納骨堂

ペット霊園は納骨堂を完備している所もあり棚タイプ個室タイプなど様々なタイプの納骨堂があります。
予算に応じて選ぶことが可能です。

自宅で供養する

自宅で供養する

遺骨を引き取って自宅に持ち帰り自宅で供養する方法もあります。
手元供養とも呼ばれ、ペット用の仏壇などもあります。
特別な仏具を用意せずに写真花を飾るという方法も。

一度自宅に連れ帰り、落ち着いたころに埋葬する方もいます。
埋葬する際に一部分骨して手元に残しておく方も増えています。

・骨壺のまま供養する
・分骨して供養する
・遺灰や遺髪を形見として供養する
・首輪やおもちゃなどの遺品を形見として供養する

など自分の生活スタイルに合った方法で供養することが可能です。

散骨する

散骨する

遺骨を自然に還すという意味から散骨するという方法もあります。
散骨には、海に撒く「海洋葬」、山に撒く「山林葬」、自宅の庭などに撒く「樹木葬」などがあります。

散骨は簡単にできそうに感じます。
しかし散骨するにあたって法律の規制はありませんが、様々な問題が発生する場合がありますので散骨対応しているペット葬儀社などの専門家に相談してから行いましょう。

愛犬が亡くなった時にすること

愛犬が亡くなった時にすること

愛犬が亡くなった時は大変つらく何も手につかなくなってしまうことも。
大切な家族の一員である愛犬を感謝の気持ちで送り出してあげたいものです。

いざという時に愛犬にしてあげられることは、

①好きだった部屋・場所に安置する

愛犬が好きだった部屋・好きだった場所にマットやタオルを引く又は箱などに入れて安置します。
できるだけ直射日光を避けて風通しのいい場所がいいでしょう。
死後硬直が始まったら足をやさしく折り曲げいつもの自然な姿勢にしてあげましょう。
足が硬直してしまうと棺に収まらなくなってしまう場合もあります。

②体をきれいに拭く

まぶたを閉じブラシなどで毛並みを整えてあげましょう。
濡らしたタオルなどで全身を拭ききれいにしてます。
出血などがある場合にはガーゼや脱脂綿などを詰めてください。
愛犬への最後のお世話になりますので声をかけながらやさしく気持ちを込めてお手入れしてあげます。

③身体を冷やす

火葬するまでに時間がある場合は身体が傷まないように保冷材冷やしてあげましょう
特に腹部を中心に冷やします。

葬儀社に連絡をするのは、ケアする前、ケアした後のどちらでも構いません。
少し気持ちが落ち着いてから連絡しましょう。

ペット葬儀のまとめ

ペット葬儀のまとめ

家族の一員である愛犬が亡くなったショックからペットロスになってしまう方もいる位大きなショックを受けてしまう方がたくさんいます。

しかし愛犬と共に過ごした楽しい時間や気持ちは残された飼い主さんの心の中に生き続けます。
悲しい気持ちはそう簡単に消すことはできません。

しかし愛犬をしっかりとケアして送り出してあげることは飼い主さんにしかできない愛犬と触れ合うことのできる最後のコミュニケーションではないでしょうか。

ペット葬儀には様々な形があります。
どの様な形の葬儀をする場合でも愛犬を感謝の気持ちで送り出してあげましょう。
すぐに確認したい方はこちらから確認できます♪

▼ペットのお見送りをお手伝い『ペット葬儀110番』▼ペット葬儀110番>>『ペット葬儀110番』の詳細はこちら<<

▼旅立ったペットを思い偲ぶ『ペット仏具専門店【OMOI-想い-】』▼OMOI>>『ペット仏具専門店【OMOI-想い-】』の詳細はこちら<<

愛犬のためのペット保険はどう選ぶ?ペット保険の種類や特徴について
愛犬のためのペット保険はどう選ぶ?ペット保険の種類や特徴について愛犬は病気やケガで突然病院にかかることがあります。ペットには公的保険がないため病院でかかる費用は100%自己負担となり、あまりの高額にビックリした経験がある方も少なくないでしょう。いざという時のためにペット保険に加入したいと思っていてもどの保険を選んだらいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。保険を選ぶ時の参考としてペット保険について、選び方などをまとめました。自分の愛犬の年齢、状態に合わせて保険選びをしましょう。ご家庭によって状況も違いますので、自分にピッタリの保険を慎重に検討してください。...

執筆者:ラブ