臭い

愛犬の臭いが気になる|なぜ臭うの?効果的な対策方法は?

愛犬の臭いが気になる|なぜ臭うの?効果的な対策方法は?

日頃ふとした時に愛犬の臭いが気になったり、常日頃から臭いで悩んでいるという飼い主さんも多いのではないでしょうか。
愛犬の臭いは口臭などの部分的な臭い身体全体の臭い排泄物の臭いなど様々な悩みがあります。
どの部分の臭いなのか、愛犬の臭いの原因は何か、どんな対策があるのかについてまとめてみました。

部分別の臭いと原因

部分別の臭いと原因

愛犬の臭いで悩んでいる方は身体のどの部分の臭いで悩んでいる方が多いのでしょうか。

犬独特の臭い

犬独特の臭いには汗腺が影響していて、足の裏などにあるエポクリン腺と身体全体にあるアポクリン腺という2つの汗腺があります。
臭いの原因となるのはアポクリン腺で、アポクリン腺から分泌される脂が多めの分泌物と汚れや菌が混ざり合うことによって犬臭さになります。

この犬独特の臭いは犬種によって差があり、皮膚が元々脂っぽいシー・ズーなどは体臭を強めに感じる傾向があります。
アポクリン腺は全身にあるため身体が大きい大型犬も小型犬に比べれば臭いが強く感じてしまいます。

耳の臭い

垂れ耳の犬種は耳の中が蒸れやすいため臭いを感じたり、蒸れることによって耳の中が炎症を起こし、細菌が繁殖して外耳炎などになっている場合はさらに臭いが強くなってしまいます。
耳の臭いが気になったら一度かかりつけの獣医師に診てもらった方がいいでしょう。

お尻の臭い

犬の肛門の内側に分泌物を出す肛門腺があります。
分泌物は肛門側の肛門嚢に溜まり、大型犬などはウンチをする時に一緒に自然と排出されることが多いのですが、小型犬や運動不足の犬などは分泌液を自然に排出することが出来ず、肛門嚢に溜まりやすくなってしまい、臭いの原因となってしまうことがあります。

自然に排出できない場合、肛門絞りをして分泌物を出してあげる必要があります。
分泌物を排出したくて、床にお尻をこすりつけたりすると分泌物は臭いが強いため、家の中が臭く感じる場合があります。

被毛からの臭い

もともと犬の全身にあるアポクリン腺からの分泌液で犬独特の臭いはあるのですが、しばらくシャンプーしていなかったり、温度湿度などによっても体臭は強くなります。

その他に涙やけの部分に雑菌が繁殖することで臭いが発生したり、ブルドッグの様な顔や身体にシワが多い犬種は隙間に汚れなどが溜まって臭うこともあります。
ケガ皮膚炎などの影響で臭う場合もあります。

口の臭い

歯磨きがきちんとできていないと歯垢がたまって口臭の原因となることがあります。
そして口から腐敗臭の様な強い臭いがする場合は、歯周病にかかっている可能性が高くなります。

口の中に残った食べカスが原因で歯垢がたまり、歯垢が固まって歯石になってしまいます。
そして歯石歯周病の原因となるのです。
歯垢は約48時間で歯石に変わってしまうので、毎日の歯磨きは欠かせないのです。
歯周病は他の病気のリスクを高める原因にもなりますので、早めのケアが必要です。

ウンチの臭い

犬は肉食の為、たんぱく質の消化は得意なのですが、炭水化物の消化はとても苦手です。
穀類が多く配合されているドッグフードを食べ続けているとウンチが臭くなることがあります。
そしてたんぱく質も与え過ぎると消化しきれずに大腸に残り、ウンチが臭くなることもあります。

ウンチの中に消化されずに食べ物が残っている量が多くなると、食糞の原因にもなりますので注意が必要です。
バランスの取れた消化吸収の良いドッグフードを選んであげるようにしましょう。

どんな対策があるの?

どんな対策があるの?

犬の臭い対策にはどの様なものがあるのでしょうか。

犬の身体のケア

犬の身体を清潔に保つことによって臭いを減らす方法です。

シャンプーする

3週間に1度を目安にシャンプーで身体を洗いましょう。
シャンプーは皮膚にダメージの少なく刺激が少ないものを選び、必要以上に皮脂を洗い流さないようにしましょう。
皮脂を流し過ぎると皮脂を過剰に分泌したり、乾燥の原因になるので注意しましょう。

ブラッシングをする

毎日ブラッシングすることでムダ毛ほこりを取り除くことが出来ます。
ブラッシングの際にブラッシングスプレーを使用すると毛艶を保つほかにも臭いの対策にもなります。

蒸しタオルで拭く

濡れタオルで拭くのも簡単でいいのですが、蒸しタオルで拭いてあげるのがおすすめです。
汚れはもちろん、ほこりなども落ちやすくなります。

乾いたタオルで身体を拭くよりも、蒸しタオルで拭いてあげた方がきれいに拭くことが出来るので臭い対策にもなります。

耳掃除をする

特に垂れ耳の犬種耳の中が蒸れやすいので、定期的に耳をチェックして掃除をしてあげるのがおすすめです。
ただし、犬の耳の中の皮膚はとてもデリケートなのでやさしく掃除してあげましょう。

自分で掃除出来ない場合は、かかりつけの獣医師にお任せしたり、トリミングの時にお願いしてもいいでしょう。

歯磨きをする

犬の歯垢は人間より早く歯石になってしまいます。
毎日の歯磨きをしっかりして、歯垢をきちんと取り除くことが口臭予防にもつながります。

しかし歯磨きを嫌がる犬も少なくないので、歯ブラシが難しい場合は、ガーゼなどでやさしく拭いてあげる事から始めてみましょう。

肛門絞りをする

肛門嚢に分泌液がたまると地面にお尻をこすりつけたり舐めたりすることがあります。
それによって傷がついたり炎症を起こしたりすることがありますので、自分で絞ってあげたり、かかりつけの獣医師にお任せしたり、トリミングの時にお願いしましょう。

特に小型犬自力で排出できない場合が多いのでよく注意してあげましょう。

顔周りを清潔にする

よだれの量が多い犬種シワが多い犬種などは食後に顔周りを蒸しタオルで拭いてあげましょう。
よだれご飯カスがついていると臭いの原因になりますので清潔にしてあげましょう。

ドッグフードの見直し

ドッグフードを見直すことによって体臭を抑えられることがあります。
ドッグフードに使用している原材料の質によっても犬の臭いに影響を与えることがありますので、ドッグフードを変更をしてみるのもいいでしょう。

サプリメントを飲ませてみる

臭い対策のサプリメントは様々なものがあります。
腸内環境を整えるサプリメントも体内からの臭いウンチの臭いなどに効果が期待できます。

サプリメントは手軽にお試しすることが出来ますが、継続することが大切ですので是非継続してみることをおすすめします。

部屋や環境を整えるケア

部屋や環境を整えることによって犬の臭いを抑えることが出来るものもあります。

消臭スプレーや消臭剤で部屋の臭いを消す

定期的に窓を開けて空気の入れ替えをしたり、こまめに掃除機をかけたりして掃除をする事でも犬の臭いを軽減することが出来ます。
さらにカーテンやソファーなどの布製品は、水洗いできるものは水洗いすればいいのですがソファーなどの水洗いできないものは、消臭スプレーを使用するのもおすすめです。

消臭スプレーを使用する場合はペット用のものを選んでおけば、万が一犬が舐めってしまっても安心です。
消臭剤香りが強いものもありますし、犬は嗅覚が優れているのでちょっとした香りでもストレスに感じてしまうこともありますので、香り付きの消臭剤を部屋に置く時は犬の様子をよく観察しましょう。
愛犬が嫌がるようでしたら、無香料の消臭剤を使用するのもいいでしょう。

空気清浄機を設置する

なかなか換気できなかったり、冬場に窓を開けるのはちょっとという場合には、空気清浄機を部屋に設置するのがおすすめです。
犬のトイレの側風通しが悪く臭いがこもりそうな場所に設置するといいでしょう。

犬の臭いのまとめ

犬の臭いのまとめ

犬の臭い対策には様々な方法があります。
まずは臭いの原因を突き止めて、原因にあった対策をすることが大切です。

犬の臭いには病気と関係しているものもありますので、対策をしても改善しないなどの不安がある場合には、かかりつけの獣医師に相談するのがいいでしょう。
犬の臭いは飼い主さんが様子をよく観察して、しっかりとケアしてあげることによって軽減することが出来るものがほとんどです。

執筆者:ラブ