犬の首輪

愛犬の首輪・ハーネス・リードなどの種類や選ぶ時のポイントとは?

愛犬の首輪・ハーネス・リードなどの種類や選ぶ時のポイントとは?

犬を飼った時に必ず必要なものの1つとして首輪ハーネスリードなどがあります。
首輪の選び方は見た目素材デザインなど飼い主さんの好み用途によって選ばれます。
犬の首輪の種類選ぶ時のポイントにはどの様なものがあるのかまとめてみました。
首輪・リード・ハーネスをすぐに確認したい方はこちらから確認できます♪

▼犬・猫用グッズのおすすめ通販サイト▼
ペピイ
ペピイ
>>犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』はこちら<<

犬の首輪について

犬の首輪について

犬が外出する時の必需品の1つに首輪があります。
首輪は散歩の時にリードとつないだり、首輪に愛犬の名前連絡先を記載又は添付することで身分証明となるなどの役割があります。

首輪の種類

首輪の種類

タイプ別では、
ベルトタイプ:人間のベルトと同様のタイプ
ワンタッチタイプ:ブラスチックの留め具でつけ外しできるタイプ
ハーフチョークタイプ:半分鎖でできていて引くと首輪が絞まるタイプ
チェーンタイプ:全て金属のチェーンでできているタイプ

素材別では、

ナイロン
金属
など様々なタイプがあります。

首輪を選ぶ時のポイント

首輪を選ぶ時のポイント

首輪選ぶ時のポイントは、

サイズ

首輪サイズ

頭周りと首回りのサイズを測って指2本入る位の余裕をもってつけられるのがベストなサイズです。
首輪きつすぎると自然な呼吸が出来なかったり、ストレスに感じる場合もあります。

逆に緩すぎる散歩の時に抜けてしまったりすることがありますのでしっかりと合ったサイズの首輪を選ぶようにしましょう。

耐久性

首輪耐久性

素材別によって耐久性の違いや首輪をつけっぱなしにしているか外に出る時だけ首輪をするかなどの使用している時間の長さによっても耐久性は異なります

突然首輪が壊れてしまう可能性もありますので定期的に新しい首輪に買い変えるか、外出の時などには予備の首輪を持っていく事をおすすめします。

子犬期から慣れさせる

子犬から慣れさせる

家の中にいる子犬のうちから首輪慣れさせておくことで、お散歩デビューの時に首輪を嫌がることなくスムーズに散歩に連れていく事ができます。

中型犬以上の身体が大きく力の強い犬

中型犬以上の身体が大きく力の強い犬

中型犬以上の身体が大きくて力の強い犬は首輪の選び方に注意が必要です。
引っ張られた時にしっかりとおさえることができる強度が必要になります。

どんなにしつけが入っている犬でもとっさの時に首輪が壊れて逃げ出したり、他人や他の犬に飛びついたり道路に飛び出してしまう可能性もゼロではありません。
しっかりとした耐久性のある首輪を選ぶようにましょう。

犬のハーネスについて

犬のハーネスについて

ハーネスは首ではなく愛犬の胴の部分につけてリードにつなげるタイプになっています。
首輪を嫌がる場合のお散歩にも使用できます。

引っ張り癖がある犬は苦しくなく首に負担もかかりませんが、引っ張り癖を治したいのであればしっかりと指示を伝えることができませんのでおすすめできません。
小型犬シニア犬には身体の負担を少なくできるのでおすすめです。

ハーネスの種類

素材別では、
ベルトタイプ
ソフトクッションタイプ
ナイロンタイプ
革タイプ
など様々な素材があります。

それぞれ素材によって耐久性や愛犬の身体にかける負担に違いがあります。

ハーネスを選ぶ時のポイント

ハーネスを選ぶ時のポイント

ハーネス選ぶ時のポイントは、
あたっている部分が痛くないか
抜けやすくないか
サイズはあっているか
つけ外ししやすいか

などに注意をして選ぶようにしましょう。

犬のリードについて

犬のリードについて

リード首輪やハーネスにつなげてお散歩に入ったり、繋ぎとめておくために必要なものです。
用途によって必要なリードの長さが異なります
首輪同様にしっかりとした耐久性のあるものがおすすめです。

リードの種類

リードの種類

素材別では、
ナイロン
ひも

チェーン

など様々な素材があります。

素材の種類によって耐久性が大きく異なります。
水に浮きやすい素材汚れに強い素材などもありますので用途によって使い分けるといいでしょう。

リードを選ぶ時のポイント

リードを選ぶ時のポイント

リードを選ぶ時のポイントは、

長さ

長さ

一般的なリードの長さ1~2mが多く、それより短いタイプ長いタイプのリードもあります。

短いタイプ:飼い主さんの真横につけて歩きたい時訓練の時など
長いタイプ:散歩の時に飼い主さんの前を歩かせたい時広い場所で遊ぶ時

用途によって必要な長さは異なります。

長さが調節できるタイプのリード

長さが調節できるタイプのリードもありますが、力の強いタイプの犬にはあまりおすすめできません。

耐久性

耐久性

首輪同様リードにも耐久性は必要です。
特に引っ張り癖のある犬を抑えるのにしっかりと抑えることのできるタイプでなければリードが切れてしまう可能性もあります。

その他に愛犬が噛んで切れてしまうこともありますので毎日使用した後リードの点検をするのがおすすめです。

犬の首輪・ハーネス・リードを選ぶ時の種類やポイントのまとめ

犬の首輪・ハーネス・リードを選ぶ時の種類やポイントのまとめ

犬の首輪ハーネスリードには様々な素材種類があってどの様なタイプのものを選んだらいいか迷ってしまいます。
デザインを重視するのもいいのですが、実用性安全性を頭において選ぶようにしましょう。

特に首輪ハーネスはリードとつなぐ以外にいざという時の身分証明にもなりますので飼い主さんはきちんと準備してあげましょう。

どのタイプがいいのかどうしても決められない場合には、数種類首輪ハーネスリードを用意して用途に合わせて使用してもいいでしょう。
首輪・リード・ハーネスをすぐに確認したい方はこちらから確認できます!

▼犬・猫用グッズのおすすめ通販サイト▼
ペピイ

ペピイ>>犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』はこちら<<

人気おすすめ犬のおもちゃ♪ワンコが喜ぶアイテムや選ぶ時のポイント
人気おすすめ犬のおもちゃ♪ワンコが喜ぶアイテムや選ぶ時のポイント犬を飼った時に必要なものの1つとして「おもちゃ」があります。おもちゃには一緒に遊んだり、しつけに使ったり、歯磨きになったりなど様々な役割があります。愛犬が遊ぶおもちゃは飼い主さんがしっかりと管理し、いつまでもダラダラ遊ばせるのではなく、時間を決めて必要な時におもちゃを出して遊ばせるのがおすすめです。愛犬が間違っておもちゃの一部を飲んでしまったり、愛犬が壊れたおもちゃでケガをすることがない様に飼い主さんがしっかりと管理しましょう。...

執筆者:ティアラ