臭い

犬の臭い対策|愛犬の口臭が気になる時のおすすめ対策方法は?

犬の臭い対策|愛犬の口臭が気になる時のおすすめ対策方法は?

最近、愛犬の口臭が気になるという飼い主さんも多いのではないでしょうか。
歯磨きはきちんとやっているつもりでも、臭いが気になってきたという方も。
犬の口臭の原因予防、愛犬の口臭が気になる時のおすすめ対策方法についてまとめました。
すぐに確認したい方はこちらから確認できます♪

▼ブリス菌を配合した口臭・歯周ケア商品『ラブリービー』▼ラブリービー>>『ラブリービー(Lovely B)』の詳細はこちら<<

犬の口臭の原因は?

犬の口臭の原因は?

犬の口臭の原因となるのは、

・口の中や歯の病気
・内臓の病気

の2つに大きく分けることが出来ます。

口の中の乾燥

犬の口の中は通常唾液で潤っていますが、水を飲む量が少なかったり、暑い時期に口を開けてハアハアと呼吸をすると口の中の水分が不足してしまいます。
水分不足になると唾液が濃縮されて生臭い・魚臭いといった様な口臭の原因になってしまいます。

歯周病などの病気

犬の口臭の原因で一番多いのは歯周病です。
歯肉炎は歯肉だけが炎症を起こすのですが、歯周病の場合は歯の周辺組織、歯を支えているにまで炎症が起こることがあります。

犬は人間に比べて歯垢が歯石になるスピードが早く、歯石には歯垢がつきやすくなってしまいます。
歯周病は歯垢や歯石の臭いや炎症でおきるなどから腐敗臭の様な口臭を出す原因になる場合があります。

歯周病の他に口腔内腫瘍という良性と悪性の腫瘍があり、悪性腫瘍の場合は歯肉だけでなく骨の組織が激しく破壊されて腐敗臭の様な口臭が発生する場合があります。
その場合、口臭だけでなく痛み違和感による食欲低下食べこぼすなどの症状も表れて来るので注意が必要です。

内臓の病気

胃腸肝臓腎臓の不調などによる口臭もあります。

酸っぱい臭い

酸っぱい口臭がある場合は、胃腸の不調が原因の場合があります。
胃炎などによって胃酸の分泌が過多となって、胃酸が上がってきたり嘔吐したりすると酸っぱい臭いになる場合があります。

胃炎以外にも空腹の時間が長くなってしまったことによる胃酸過多によっておこることもあります。

アンモニア臭

腎臓肝臓働きが悪いため、体外に排出されるものが体内に残ってしまうことによって、アンモニア臭がすることもあります。

ウンチの様な臭い

口臭からウンチの様な臭いがする場合は便秘が原因の時もありますが、腸閉塞などの生命にかかわる病気の場合もあります。
この場合、腸内にあるものが体外に排出できないため、口からウンチの様臭いがしたり、嘔吐することがあります。

口臭の他に愛犬がぐったりしている便が出ない又は便秘の症状もある場合には急いで病院に連れていく事をおすすめします。

口臭の予防や対策方法は?

口臭の予防や対策方法は?

様々な原因で犬の口臭が発生することがありますが、やはり歯周病が原因となっていることが多くなってきます。
口臭の予防対策方法にはどの様なものがあるのでしょうか。

歯周病の場合

歯周病が原因で口臭がある場合の予防や対策方法には次のようなものがあります。

歯石をとる

歯についてしまった歯石動物病院などでとってもらうことになります。
歯周病の治療のために歯石をとる場合には歯周ポケットの掃除まで行う必要があるため、全身麻酔をする必要があります。

ハンドスケーリングは麻酔をせずに歯の見える部分の歯石のみをとる方法ですので、歯周病対策まではちょっと難しくなります

歯磨きを毎日する

ドッグフードなどの口の中に残ってしまった食べカスが溜まり歯石となってしまうため、食べカスが残らないように歯磨きをすることはとても重要です。

歯ブラシを使って歯磨きを毎日してあげるのがベストですが、歯磨きを嫌がる子には歯磨き用のシートなどを使用して歯磨きしてあげるといいでしょう。
慣れてきたら歯ブラシを使って歯磨きしてみましょう。

歯ブラシ以外の自宅でできるケア

歯ブラシをなかなかさせてくれない子には歯磨きシートで歯磨きをしたり、歯磨きガムを噛ませたり、ロープやタオル地のおもちゃなどを噛ませることで、歯垢を落として歯石を着きにくくすることも有効です。

しかしこれも歯ブラシでの歯磨きするための慣らしとして行い、慣れてきたら歯ブラシを使用した歯磨きをするのが理想です。

内臓の病気の場合

内臓の病気が原因で口臭がある場合には、病気の治療をするのが最優先になります。
嘔吐下痢の症状がある口臭がある場合は、すぐに動物病院を受診することをおすすめします。

他に熱中症などの脱水による口の渇きが原因で口臭がある場合もありますので、水分補給をしっかりとするなど対策が必要です。

ドッグフードやサプリメントを使用する

ドッグフードはドライタイプとウエットタイプがありますが、ドライタイプの方が水分が少ないために歯垢になりにくいです。
歯周病は菌の増殖によって起こりますので、口の中の善玉菌を増やして歯周病菌を減らしてバランスをとることが歯周病の予防になって口臭が減少することがあります。

毎日の歯磨きに加えて、善玉菌が配合されたサプリメントを摂取することで、口の中の細菌のバランスを整えて口臭予防にも役立ちます

デンタルケアと内臓ケアのサプリメントを使用する

デンタルケアと内臓ケアのサプリメントを使用する

サプリメントの中でもデンタルケアと内臓ケアの両方が可能なサプリメントもあります。
ラブリービーヒューマングレードデキストリンフルクトオリゴ糖乳酸菌ブリスK12菌の3つの原材料を使用したサプリメントです。

善玉菌の乳酸菌ブリスK12菌は歯垢や汚れを着きにくくして口臭の緩和、虫歯になりにくくなるなどの効果があります。
乳酸菌やオリゴ糖には腸内環境を整えてくれる作用があります。

ラブリービーは、
歯科医師が完全監修で安心
自然由来無添加成分のみにこだわり安心
・GMP認定の国産工場で製造しているので安心
この3つの安心があることで、安心して愛犬に与えることができます。

ラブリービー粉末状なのでドッグフードに混ぜて食べるだけという手軽さが魅力です。

「ラブリービー」の詳細ページはこちらで確認できます

犬の消臭【口臭編】のまとめ

犬の消臭【口臭編】のまとめ

犬の口臭には様々な原因がありますので、まずは何が原因で口臭が起きているのか原因をはっきりさせることから始めてください。
原因によって対処方法も異なってきますので、原因を突き止めることが出来ないとせっかく口臭対策をしても効果を得られることが出来ません。

口臭は消臭というよりは原因を把握した上で口臭が出ないよう対策を行うのがベストな方法だと思いますので、日頃から愛犬の様子をしっかりと確認することもとても大切です。
すぐに確認したい方はこちらから確認できます♪

▼ブリス菌を配合した口臭・歯周ケア商品『ラブリービー』▼ラブリービー>>『ラブリービー(Lovely B)』の詳細はこちら<<

執筆者:ラブ