基礎知識

ドッグフードの疑問を解決!穀物不使用とは?アレルギー対策になる?

ドッグフードの疑問を解決!穀物不使用とは?アレルギー対策になる?

愛犬のためや健康のことを考えて穀物不使用のドッグフードを選ばれる飼い主さんが最近増えてきています。
犬は肉食動物のため穀物類を消化するのが難しい消化器官になっています。

近年穀物によるアレルギーが増加しているため穀物不使用ドッグフードの需要が高くなってきています。
穀物不使用ドッグフードとはいったいどの様なものなのでしょうか?

穀物不使用ドッグフードとは?

穀物不使用ドッグフードとは?

穀物不使用(グレインフリー)ドッグフードとは穀物(小麦・とうもろこし・米などの穀物全般)を完全不使用のドッグフードという意味になります。

しかしその内容について明確な取り決めがあるわけでなくメーカーごとに定義の違いがあり使用されている原材料に大きな差がみられます。

穀物不使用のドッグフードの中でも小麦・とうもろこしなどのアレルギーを起こしやすい材料は不使用ですがなどのアレルギーの心配が少ないものは使用されていることもあれば完全に穀物類不使用というものもあります。

グレインフリーとグルテンフリーはどう違うの?

グレインフリーとグルテンフリーはどう違うの?

穀物不使用ドッグフードにはグレインフリーのものとグルテンフリーのものがありますが、この2つは
・グレインフリー:原材料に「穀物類」を使用していない
・グルテンフリー:原材料に「穀物から生成されるたんぱく質」を使用していない
という意味です。

穀物類の中でもにはグルテンが含まれていないのでグレインフリーのドッグフードの中には米は入っていませんが、グルテンフリーのドッグフードの中には米が入っている可能性があるという事になります。

穀物不使用のドッグフードは必要なの?

犬の食事で必要な量やタイミングは?食べさせてはいけないものは何?

なぜ穀類不使用のドッグフードは必要なのでしょうか。
それは犬の身体の仕組み大きな関係があるのです。

犬は穀物を分解する酵素を持っていない

ストレス

犬は穀物を分解する酵素を持っていないため特にグルテンを分解できずアレルギーの原因となると考えられています。

人は穀物を分解する「アミラーゼ」という酵素を基本的には持っていますが犬は持っていないといわれています。
そのため消化しきれなかった食べ物は内臓に大きな負担をかけてしまうのです。

穀物類のような消化しきれない食べ物は身体にとって「不要なもの=有害」であると判断されてしまい「アレルギー反応を起こしやすい性質」を持っているという事になります。

アレルギーを起こす要因グルテンなどのたんぱく質がほとんどです。
穀物不使用ドッグフードであればアレルギー反応のリスクを低下することが可能です。

犬にとって炭水化物は必要ないの?

疑問

穀類などの炭水化物は犬にとって消化が難しく栄養価も低いため炭水化物をあまり多くは必要としていません

炭水化物はエネルギー源となり体内でブドウ糖に変換されるため、多く摂取しすぎると余分なブドウ糖は脂肪として貯蓄されてしまいます。
その結果、肥満や糖尿病などになるリスクも高くなってしまうのです。

炭水化物原料の考え方

炭水化物

穀物不使用の場合、炭水化物原料として何をメインに使用するのかメーカーによって考え方が様々です。

炭水化物原料として主に使用されているものはじゃがいもさつまいもタピオカなどがあります。

メーカーによっては
・じゃがいもにはアレルギーがあるから使用しない
・じゃがいもよりさつまいもの方が血糖値が上がりにくいからさつまいも使用
・じゃがいもより低アレルゲンのタピオカを使用
・どれも使用しない

などの違いがありますのでどれを選ぶかはしっかり確認してから決めましょう。

市販のドッグフードの多くが肉より穀物が多い?

ドッグフードの質を見極める

市販のドッグフードには小麦などの穀物が含まれているものがほとんどです。
穀類の使用だけではなく、質の悪い肉原料が使用されていることもあるため、原材料にどの様な種類の肉を使用しているのかも確認する必要があります。

肉原料より穀類の方がコストダウンできるため穀類を多く使用しているフードもあります。
どの様な肉原料を使用しているものがいいのでしょうか。

使用されている肉原料の種類と品質

穀物不使用ドッグフードはほとんどが肉原料を主原料とするため、肉原料の種類品質がフード選びのポイントとなります。

チキンラム七面鳥鹿などの生肉や魚が使用されることが多く、その他に乾燥チキンや肉パウダーなどが使用されている場合もあります。

肉原料の割合

肉原料の割合で重要なのは生肉の使用量が多いという事です。
チキンが主原料となっているドッグフードでも生肉の使用割合が低くて乾燥チキンを多く使用しているという場合や生肉が一切使用されていない場合もあるので原材料表示をしっかりと確認してください。

肉原料の割合で重要なのは生肉の使用量が多いという事です。チキンが主原料となっているドッグフードでも生肉の使用割合が低くて乾燥チキンを多く使用しているという場合や生肉が一切使用されていない場合もあるので原材料表示をしっかりと確認してください。

穀物不使用でもチキンには注意

穀物類を使用していなくてもチキンを主原料として使用しているフードの場合、チキンにアレルギーがある愛犬に与えてしまうとアレルギー症状が出てしまいますので注意が必要です。

穀物不使用ドッグフードを与えていてもアレルギー症状が出る場合は、チキンにアレルギーがある可能性もあります。

穀物不使用ドッグフードの選び方

ドッグフードのブランドとは

これらを踏まえて穀物不使用ドッグフードの選び方を考えてみましょう。

合成添加物不使用

合成添加物不使用

犬だけでなく人間も合成添加物の摂取は出来るだけ避けた方が望ましいです。

添加物を全く使用していないと品質保持に問題が生じる場合もあるため、できるだけ必要最小限の量で天然素材の添加物を使用しているフードを選んだ方が安心できます。

肉原料の割合が高い

プレミアムブランド

肉原料の比率が高くてさらに生肉の使用比率が高いフードがおすすめです。

アレルギーの症状があるが原因物質が分かっていない場合は念のためチキンを使用していないフードを選ぶということも考えた方がいいでしょう。

動物性たんぱく質である肉は品質がいいほど消化率も高く、フード中の含有量が高くても体内脂肪として蓄積されずに排出されますので身体に負担をかけることはありません。

愛犬の体調を見ながら与える

マッサージをする時の注意点

穀物不使用ドッグフードでアレルギーの心配が軽減されるとしても、愛犬が嫌がったり吐いたり下痢をしたりする場合もあります。
フードの切り替えをする際には愛犬の状態を十分確認しながら与えるようにしましょう。

一般的に評価が高いフードでも愛犬に合わない場合にはそのフードを中止して見直す必要があります。

穀物不使用のドッグフードのまとめ

食のケア

穀物不使用のドッグフードを与える場合、新鮮な肉類を使用した動物性たんぱく質が豊富なフードがおすすめです。

アレルギー症状がある犬が増加してきているため穀物不使用ドッグフードの需要がどんどん増えてくる傾向にあると思われます。

愛犬に与えるフードを選ぶ際にはどの様な原料を使用しているのかしっかりと確認し、フードを与えた際の愛犬の身体の状態を確認することがとても重要になります。
愛犬が安心しておいしく食べることができるフードを選んであげましょう。

【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング
【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング♪ドッグフードは様々な種類のものがあり、愛犬にどんなドッグフードを食べさせたらいいか悩む飼い主さんも多いのではないでしょうか?愛犬が喜んでおいしそうに食べてくれて、飼い主さんも安心して与えることのできるドッグフードにはどの様なものがあるのでしょうか?ドッグフードを選ぶポイントは愛犬の身体の状態や年齢、好みやアレルギーなど様々なものがあります。今回はドッグフードにたんぱく質が多く含まれている【動物性たんぱく質含有量】を重視したおすすめドッグフードランキングを紹介します。...

執筆者:ルチア