基礎知識

ドッグフードに基準はあるの?安全なドッグフードを見極める

ドッグフードに基準はあるの?安全なドッグフードを見極める

ドッグフードは様々な種類のものがあり、どの様にして選んだらいいのか大変迷ってしまいます。
飼い主がドッグフードで一番心配するのは安全性についてです。
ここではまずドッグフードの基準についてお話します。

ドッグフードの安全基準とは?

ドッグフードには以下の様な基準があります。

外国の基準

国産と外国産の違い

外国のドッグフードにはAAFCO基準NRC基準という基準があります。
ドッグフードのパッケージに印刷されていたり、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

AAFCO

AAFCOとは米国飼料検査官協会のことで、フードラベルの作成原材料定義公認用語給餌試験方法栄養基準などのガイドラインをアメリカの各州に毎年更新して提示している機関。

NRC

NRCとはアメリカの国立研究審議会のことで、栄養学に関する研究結果を蓄積・評価し、栄養素の推奨値を提示する機関。

日本の基準

国産ドッグフードの特徴

日本ではドッグフードは食品扱いではありませんので食品衛生法、JAS法、健康増進法などの食品関連の法令による規制は受けません
日本の「ペットフード公正取引協議会」の規約の中でもAAFCOの栄養基準を採用されています。

日本のドッグフードのパッケージに印刷されている「AAFCO」とはAAFCOが制定している栄養基準を満たしているという意味で「認定」や「合格」という意味ではありません。

逆にそのような表示をされている製品は不当表示となるため信頼できない製品であるという見方ができます。

日本で制定されているドッグフードに関する法律とは

日本で制定されているドッグフードに関する法律とは

日本のドッグフードの安全に関する基準には以下のものがあります。

「愛玩動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(ペット安全法)

2009年6月に施行になった法律で、製造方法の基準、表示の基準、規格事業者の届け出と帳簿の備え付け立ち入り検査と罰則などについて書かれており、ペットフードの安全を守るために細かい決まり事が定められています。
法律の対象となるのは犬や猫用のペットフードになります。

「ペットフードの表示に関する公正競争規約」

1974年に施行になった法律で消費者庁、公正取引委員会の承認のもとに表示及び景品類に関する自主基準となる規約です。
ペットフードの表示に関する事項を定めていて消費者が製品の品質や価格などに関して誤認するような表示を排除したり、製品固有の特徴を消費者に伝えるための表示のルールです。

「愛玩動物飼料の成分規格等に関する省令」

2009年6月に施行になった法律で、ペットフードの成分規格や製造方法の基準、表示の基準などについて書かれています。
ペットフードに含まれる添加物農薬汚染物質などについて含有量の基準量が定められています

ドッグフードの基準についてのまとめ

ドッグフードの基準についてのまとめ

ドッグフードには細かい決まりがあり安全性が守られています
しかし飼い主にドッグフードや法令についての知識がなければ粗悪なフードを手にして愛犬に与えてしまうかもしれません。

ドッグフードの法律には添加物の含有量の基準量や原材料表示についても詳しい取り決めが定められていますので一度しっかりと確認して、愛犬に安心して与えることができるペットフードが選べるようにしましょう。

【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング
【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング♪ドッグフードは様々な種類のものがあり、愛犬にどんなドッグフードを食べさせたらいいか悩む飼い主さんも多いのではないでしょうか?愛犬が喜んでおいしそうに食べてくれて、飼い主さんも安心して与えることのできるドッグフードにはどの様なものがあるのでしょうか?ドッグフードを選ぶポイントは愛犬の身体の状態や年齢、好みやアレルギーなど様々なものがあります。今回はドッグフードにたんぱく質が多く含まれている【動物性たんぱく質含有量】を重視したおすすめドッグフードランキングを紹介します。...

執筆者:ラブ