基礎知識

犬種別のドッグフードの必要性とは?どんな違いや特徴があるの?

犬種別のドッグフードの必要性とは?どんな違いや特徴

近年ドッグフードにも様々な機能特性のあるドッグフードが登場しています。
その中でも犬種別のドッグフードとはいったいどのようなものなのでしょうか?
犬種別のドッグフードについて調べてみました。

犬種別ドッグフードの必要性とは?

選び方

ドッグフードには全犬種向けスタンダードなドッグフードがあり、たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルなど犬が必要とする栄養素が含まれているフードのことを「総合栄養食」といいます。

全犬種向けのドッグフードにはどの犬種でも1日に必要な栄養素が十分に摂ることができるように作られています。

犬種によって特性体形などが異なるため、本来必要な栄養素も同じではないのですが、犬種によって必要な栄養の差は大きいわけではありません。

愛犬にとって必要な栄養素をバランスよく配合しているフードを選ぶということの方が重要です。

犬のサイズ別大型犬用小型犬用などがありますが、この違いはフードの粒のサイズとなります。

小型犬に大型犬用の粒の大きいフードを与えると食べづらかったり、喉に詰まってしまう可能性もあるため注意が必要です。

小型犬用のフードは大型犬用のフードに比べてカロリーが高めになっているものが多いため、カロリーオーバーにならないように注意が必要です。

犬種別の必要栄養素の特徴

ドッグフードの基準についてのまとめ

犬種別の必要栄養素に大きな差はありませんが犬種ごとにかかりやすい病気もあり、その病気の予防に役立つ栄養素が配合されているドッグフードを選ぶという方法もあります。

特徴のある犬種は、

胴の長い犬種(ダックスフンド、コーギーなど)

ダイエット

胴が長く足が短い体型の犬種は足腰の負担がかかりやすく、年齢が高くなると軟骨がすり減って痛みを感じるようになることもあります。

この犬種には関節痛の予防のために関節強化の効果があるグルコサミンコンドロイチンなどが配合されたフードがおすすめです。

超小型犬(パピオン、チワワなど)

成犬(1歳~)超小型犬の食事

超小型犬は骨が非常に細くてちょっとした段差から飛び降りただけで骨折してしまう可能性もあります。

骨折のリスクを下げるために骨を丈夫にするカルシウムリンなどが配合されたフードがおすすめです。

被毛の健康の維持が必要な犬種(トイプードルなど)

口の中を触る

健康的な被毛を維持するためには十分なたんぱく質が必要となります。

活発な犬種(柴犬など)

活発な犬種(柴犬など)

運動量が多くて筋肉質な犬種は運動量が足りないと太りやすくなってしまいます。
筋肉量を維持しながら体重を管理できるドッグフードがおすすめです。

愛犬の月齢によって種類を変える

症状・お悩み別ドッグフードの選び方

ドッグフードを購入する時、1つの基準として愛犬の月齢に合わせて選択して購入することがあります。
それは子犬期成犬期では必要とする栄養量が違ってくるためです。

逆にシニア犬では運動量が低下するために比較的カロリーが低いドッグフードを選択する必要があるのではないでしょうか。
子犬用、成犬用、シニア用など月齢によって種類がわかれているフードもあります。

それぞれのメーカーやフードの種類によって特性が異なりますのでよく確認してから選びましょう。

フードのサイズや形

国産と外国産?どっちを選ぶ?ドッグフードの違いや特徴について犬種は超小型犬から超大型犬まで様々な犬種がありますのでその犬種に合ったサイズのドッグフードを選びましょう。

粒の大きさが違うと食べやすさにも違いが出ます。

栄養バランス・カロリーの違い

疑問

栄養バランスカロリーはドッグフードの種類によって異なります。
ドッグフードのパッケージに記載されていますのでしっかりと確認して与えるようにしてください。

犬種別ドッグフードのまとめ

ドッグフードの形態別種類

様々な種類のフードの中からどのドッグフードを選ぶか迷った時には、犬種別のフードを選ぶという選択の方法もあります。

フードの種類によって食べやすさ栄養素カロリーなどの違いがありますので、しっかりと確認してから愛犬にピッタリのフードを選びましょう。

愛犬にとって必要な栄養素をバランスよく配合しているフードを選ぶということの方が重要です。

【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング
【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング♪ドッグフードは様々な種類のものがあり、愛犬にどんなドッグフードを食べさせたらいいか悩む飼い主さんも多いのではないでしょうか?愛犬が喜んでおいしそうに食べてくれて、飼い主さんも安心して与えることのできるドッグフードにはどの様なものがあるのでしょうか?ドッグフードを選ぶポイントは愛犬の身体の状態や年齢、好みやアレルギーなど様々なものがあります。今回はドッグフードにたんぱく質が多く含まれている【動物性たんぱく質含有量】を重視したおすすめドッグフードランキングを紹介します。...

執筆者:ルチア