犬のサプリメント

犬におすすめサプリメント|関節ケアのためのサプリメント

犬におすすめサプリメント|関節ケアのためのサプリメント

犬にとって関節にトラブルが起きてしまうと、痛みがあるため運動が思うようにできずストレスになったり、運動が出来ないために体重が増えてしまって更に関節の痛みが悪化してしまうなど一度関節にトラブルが起きてしまうと悪循環に陥ってしまう可能性が高くなってしまいます。

関節トラブルにはどの様なものがあるのか、気を付けること、ケアのために摂りたい成分、おすすめのサプリメントについてまとめてみました。
すぐに確認したい方はこちらから確認できます♪

▼いつまでも元気でいて欲しい『ワンドリア』▼ワンドリア>>『ワンドリア』の詳細はこちら<<

▼獣医おすすめ犬用関節サプリ『毎日散歩』▼毎日散歩>>『毎日散歩』の詳細はこちら<<

関節のトラブルとは

関節のトラブルとは

関節とは骨と骨の間のことを指し、骨と骨の間には軟骨という組織があります。
軟骨はコラーゲンなどのたんぱく質でできていて、骨と骨を支えて固定していてスポンジの様な役割もしています。

関節トラブルの原因は、加齢生活習慣ケガなどの考えられ、痛み軟骨がすり減ることが原因となります。
軟骨が少なくなるとスポンジとしての機能が低下してしまうため痛みが生じます。
関節のトラブルとなる疾患には次のようなものがあります。

変形性関節症

変形性関節症関節の痛み運動機能不全があります。
関節の軟骨成分が変化したり、軟骨を構成する成分が減ってきたり、炎症が起きることによって新しい骨が出来て痛みがさらに増したりすることもあります。
どの犬種でもなる可能性があります。

股関節形成不全

関節の間の軟骨がすり減ることによって痛みを伴います。
なりやすい犬種はゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、バーニーズマウンテンドッグなど

膝蓋骨脱臼症候群

膝のお皿が浅かったり、腱の伸縮が良くないのが原因で脱臼状態になってしまいます。
なりやすい犬種はチワワ、プードル、ポメラニアンなど

椎間板ヘルニア

椎間板が飛び出して神経を圧迫することによって激しい痛みを伴います。
なりやすい犬種はダックスフンド、ビーグル、フレンチブルドッグなど

関節トラブルがあっても犬は痛みに強いため、飼い主さんが気が付かない場合もあるので注意が必要です。
少しでもおかしいと思ったら、しばらくは激しい運動をさせずに、お散歩の時間も短めにして様子を見てあげましょう。

炎症が起きている場合は、炎症が治まるまではできるだけ安静にし、治まってから少しずつ運動を始めるようにした方がいいでしょう。
特に軟骨成分は、年齢と共に減ってしまいますので、出来るだけ摂取することを心掛けましょう。

どんな所に気をつければいいの?

どんな所に気をつければいいの?

愛犬が関節トラブルを起こさない為にはどの様なことに気を付けるべきなのでしょうか。

床の滑り止め対策

家の床がフローリングの場合には滑りやすいため足が安定せずに関節に負担がかかりやすくなってしまいます。
また日頃からソファーやベッドから飛び降りたり、ジャンプしたりしているだけでも軟骨を徐々にすり減らしてしまう原因にもなります。

滑りやすい床の場合は、タイルマットやじゅうたんをひくなどの滑り止め対策をしてあげましょう。

適正体重で関節に負担をかけない

適正体重よりも重くなってしまうと歩いているだけでも足の関節に負担がかかってしまい、軟骨もすり減りやすくなります。
関節に負担をかけないためにも、適正体重になるようドッグフードの種類や量の調節をしたり、運動をしたりするようにしましょう。

適度な運動

関節は筋肉に守られていますので、毎日の適度な運動でしっかりと筋肉をつけることも大切です。
筋肉が少なくなってしまうと関節にも負担がかかりやすくなってしまいます。

アスファルトなど硬い地面を走らない

土や芝生の様な柔らかい地面を走る分にはそれほど関節に負担をかけませんが、アスファルトの様な硬い地面を走ることは関節に負担をかけてしまします。
アスファルトは出来るだけ歩くようにして、土や芝生の上をおもいっきり走らせてあげるようにしましょう。

関節ケアのために摂りたい成分は?

関節ケアのために摂りたい成分は?

関節ケアのために摂取したい成分にはどの様なものがあるのでしょうか。

グルコサミン、コンドロイチン硫酸

グルコサミンコンドロイチン硫酸軟骨の強化関節の動きをなめらかにして体内にあるコラーゲンを新鮮に保ってくれます。
コンドロイチンは様々な種類があるため、吸収率を重視します。

摂取したコンドロイチンの量に対してどの位の量が体内に吸収されて効果を発揮することが出来るかということです。
吸収率が高いコンドロイチンの方が高い効果も期待できます。
グルコサミンはコンドロイチンと一緒に摂取することで効果が高まります。

コラーゲン

コラーゲンは軟骨を形成する成分の1つで、摂取することで軟骨の強化になります。
特に魚由来のフィッシュコラーゲンペプチドには骨にカルシウムをくっつけることで強化してくれる働きがあります。
魚由来のコラーゲンは不純物が少なく、アレルギーも起こりにくいためアレルギー体質の子にもおすすめです。

ビタミンE

ビタミンEには血流改善の働きがあり、血流が良くなることによって炎症による痛みを和らげることが出来ます。

MSM(メチルスルホニルメタン)

MSM骨を強化するコラーゲンを生成するために必要な成分で、痛みや腫れ炎症を抑える作用があります。

緑イ貝

緑イ貝炎症や痛みを和らげる抗酸化酵素関節をなめらかにするムコ多糖類が含まれているため、摂取すると痛みや腫れ、炎症を抑える効果が期待できます。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は炎症を起こす物質の発生に関与するアラキドン酸がオメガ3脂肪酸に置き換わることによって抗炎症作用が生じて軟骨を保護する効果が期待できます。

天然酵母、麹菌、乳酸菌

天然酵母麹菌乳酸菌は善玉菌で腸内環境を整える作用があります。
腸内の善玉菌を増やすことで腸を元気にしてドッグフードに含まれている栄養素をしっかりと吸収してくれます。

グルコサミンやコンドロイチン硫酸などが含まれているドッグフードを食べているのであればしっかりと吸収するのを助けてくれます。

カルシウム

カルシウムは室内にいる時間が長いと運動不足になったり、日光を浴びる時間が少ないなどが原因でカルシウムが不足してしまう場合があります。
カルシウムが不足すると関節の炎症を悪化させてしまうため注意が必要です。

SAM-e(S-アデノシルメチオニン)

SAM-eはアミノ酸の一種で、グルコサミンの1/1000量で同等の軟骨を生成する力を持っています。
変形性関節症の痛みの軽減や制限されてしまった運動機能の改善に効果が期待できます。

関節ケアのためのおすすめサプリメント

関節ケアのためのおすすめサプリメント

関節をケアするためのおすすめサプリメントにはどの様なものがあるのでしょうか。

ワンドリア

ワンドリア

ワンドリア関節痛老化・肥満を予防して元気にしたいと思っている方におすすめのサプリメントです。
細胞の劣化や老化が原因でおこる関節痛に対して体内のミトコンドリアを元気にすることによって痛みを抑えたり痛みが出にくくします。

サプリメントを摂取することによって遺伝子に働きかけて直接ミトコンドリアを増やし活性化します。
ワンドリアには体内のミトコンドリアにエネルギーを供給して細胞の活発な分裂・増加を促すミトアップハーバルエキス黄杞葉(こうきよう)マンゴージンジャーヒハツウコンなどを配合しています。
1日1~2粒を目安に摂取させてください。

「ワンドリア」の詳細ページはこちらで確認できます

毎日散歩

毎日散歩

毎日散歩愛犬の関節に不安がある方にお勧めのサプリメントです。
筋肉成分軟骨成分を独自配合してキビキビとした走りをサポートします。

プロテオグリカンコンドロイチンⅡ型コラーゲンなどスムーズな動きを支える軟骨成分イミダゾールペプチドの力強さを支える筋肉成分グルコサミンビタミンDなどの関節を守る関節成分を配合した無香料無着色保存料無添加化学調味料無添加の愛犬に安心して与えることが出来るサプリメントです。

犬種はこだわらずどの犬種でも食べやすいビール酵母を配合したチキン味で、直径8mmサイズなので小型犬でも食べられます。
1日2粒を目安に摂取させてください。
公式サイトから購入すると初回限定の半額お試しキャンペーンやお得に購入できる定期コースなどもあります。

「毎日散歩」の詳細ページはこちらで確認できます

犬の関節ケアのためのサプリメントのまとめ

犬の関節ケアのためのサプリメントのまとめ

犬の関節ケアに必要なのは、滑りにくい床にしたり、適正体重をキープする、筋肉を鍛えるなどの他にサプリメントなどで関節ケアのために必要な成分を摂取するなど様々な方法があります。
一度関節を痛めてしまうと治るのに時間がかかってしまったり、一度治っても再発する可能性も高くなってしまいますので、飼い主さんがしっかりと管理してあげなくてはいけません。

関節を痛めている又は関節ケアのために積極的にサプリメントを活用することはとても有効な事だと思います。
いつまでも元気にお散歩できるように愛犬のために関節ケアを取り入れてみませんか。
すぐに確認したい方はこちらから確認できます♪

▼いつまでも元気でいて欲しい『ワンドリア』▼ワンドリア>>『ワンドリア』の詳細はこちら<<

▼獣医おすすめ犬用関節サプリ『毎日散歩』▼毎日散歩>>『毎日散歩』の詳細はこちら<<

執筆者:ルチア