基礎知識

ドッグフード選びで注目したい点は?肉についてしっかりと確認する!

ドッグフード選びで注目したい点は?肉についてしっかりと確認する!

ドッグフードのパッケージにはフードの目的原材料原産国賞味期限など様々な情報が記載されています。

中でも原材料表示を見てフード選びに注目したい点の1つである肉(魚も含む)の含有量や品質などについて確認してみましょう。

まずは原材料表示をチェックする

ドッグフードのブランドとは

ペットフードはペットフード安全法によって原則として添加物を含むすべての原材料を表示することになっており、ペットフード公正取引委員会の規則で原材料は使われている量が多いものから順に記載すると決められています。

犬はもともと肉食動物ですので穀類よりも肉などの動物性たんぱく質を多く配合したドッグフードが身体に合っています。

ここで注意してもらいたい点は、
1番目:鶏肉
2番目:とうもろこし
3番目:コーンミール
4番目:大豆

といった表示の場合、確かに1番目に肉がきていますが2~4番目には穀類がきていますのでトータルして考えると肉<穀類という配合バランスになっているという事になります。

ですから肉が最初に来ていることはもちろんなのですが、全体的な配合バランスを考慮する必要があります。

肉の含有量だけじゃない!品質も要チェック

疑問

肉の品質で1番大切なのは「人間も食べられる品質である」という事です。
肉と言っても表示を見ると「肉類パウダーエキス動物性油脂副産物」などの表記があります。

この場合、「肉」以外のものは人間が食べることができない「4Dミート」と呼ばれる原料を使用している場合があります。

4Dミートとは、
Dead:死んだ
・Dying:死にかけの
・Diseased:病気の
・Disabled:負傷した(障害がある)
という言葉の頭文字をとって4Dミートと呼ばれています。

これらは人間が食べることができないもので値段が安いので、ドッグフードの価格を抑えるために使用されている場合があるのです。

肉じゃなくて肉類?肉類って何?

肉類って何?

」ではなく「肉類」にはどの様なものが含まれているのでしょうか?

「肉(ミート)」

牛や豚、羊などの畜肉及び獣肉」の肉そのもの、主に筋肉組織のこと。
鶏や七面鳥などの鳥肉など」は「家禽(かきん)」に分類される。

「肉類」

ペットフード公正取引委員会の定義では「新鮮な又は適切な方法により保存されてある哺乳動物・家禽(かきん)類等の生肉、肉体部分、並びに上記動物の体又は体の一部から生じる全ての副産物及びその加工物」とされている。

「肉類」の分類

」の他に「畜肉及び獣肉の副生物および加工品、鳥肉の副生物および加工品、ミートミール、ミートボーンミール、チキンミール等のレンダリング物等
かなり細かく具体的に指定されているように見えますが、「副産物」や「加工品」とはいったいどのようなものなのか?という疑問を持ちます。

「副産物」とは?

副産物とは?

日本のペットフード公正取引委員会では米国飼料検査官協会(AAFCO)というペットフードの栄養基準やラべル表示などに関するガイドラインを採用しています。

「副産物」

AAFCOの材料名の定義では、「肉副産物とはと殺された哺乳類動物より取り出される汚染されていない部位で精製されていない肉以外の部位。肺、脾臓、腎臓、脳、肝臓、血液、骨、部分的に脱脂された低温脂肪組織、内容物を除いた胃及び腸」とされている。

このことから副産物は「死んだ動物の部位は人間が食べられないものでも使えるものは使っている」と言えます。

そして「内容物を除いた胃及び腸」とありますが、腸を加工・洗浄する際に腸に残った糞が混入する可能性や洗浄の手間をかけないために薬品を使用した場合、その薬品が残留してしまう場合も考えられるのです。

肉類の中でも「副産物」には「レンダリング」されていない部分を使用しています。

「レンダリング」や「レンダリングミール」とは

「レンダリング」や「レンダリングミール」とは

レンダリングとは「食用に使用されない家畜類(家禽、魚を含む)から肥料、飼料、油脂、ミートミールを製造する」ことです。

レンダリングに使用される部位には「食用に適さない部分や感染症以外の要因で死亡した家畜及び家禽本体」も「くず肉」と共に使用され、有害な細菌を死滅させるために圧力をかけ「動物性油脂」や「水」と「搾りかす」に分けられます。

そしてたんぱく質が豊富な「搾りかす」である「レンダリングミール」がペットフードなどの飼料として使われるのです。

ミートミール(肉粉)」や「ミートボーンミール(肉紛粉)」、「チキンミール」などがこれにあたります。

ドッグフードの選び方【原材料:肉】のまとめ

選び方

ドッグフードを選ぶ際に、肉(魚)の含有量が多いものを選ぶのはもちろんのこと、原料として使われている肉の品質を重視することがとても大切です。

ドッグフードの状態ではどの様な肉が使用されているかはわかりませんが、原材料表示などをしっかりと確認してそれでも不明な点があればメーカーに確認してみるのも1つの手段だと思います。

粗悪な品質のドッグーフードを食べさせ続けることで愛犬の体調に大きな影響を与えてしまいます。
飼い主がしっかりと確認をして安心して食べさせることができ、愛犬の身体に合っているドッグフードを選ぶことはとても重要なことです。

【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング
【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング♪ドッグフードは様々な種類のものがあり、愛犬にどんなドッグフードを食べさせたらいいか悩む飼い主さんも多いのではないでしょうか?愛犬が喜んでおいしそうに食べてくれて、飼い主さんも安心して与えることのできるドッグフードにはどの様なものがあるのでしょうか?ドッグフードを選ぶポイントは愛犬の身体の状態や年齢、好みやアレルギーなど様々なものがあります。今回はドッグフードにたんぱく質が多く含まれている【動物性たんぱく質含有量】を重視したおすすめドッグフードランキングを紹介します。...

執筆者:ルチア