犬の栄養と食事

犬に必要な栄養とは?大切な栄養とバランスで健康管理をしよう

犬に必要な栄養とは?大切な栄養とバランスで健康管理をしよう

愛犬にご飯を食べさせる時にどの様なものをどの位あげたらいいか?などの疑問を持つことはありませんか?
愛犬に必要な栄養についてしっかりと確認してみましょう。

体調を管理する上で栄養管理はとても大切で飼い主がしっかり管理しなければいけません。

人と犬の必要な栄養素の違い

人と犬の必要な栄養素の違い

犬が必要とする栄養素と人が必要とする栄養素には違いがあります。
例えば犬に必要なたんぱく質は体重1kgあたり人の約1.3~2.8倍は必要です。

栄養のバランスが崩れてしまうと毛艶が悪くなったり病気になったりと様々なトラブルの原因になってしまいます。

犬に必要な栄養は

犬に必要な栄養は

犬はもともと肉食動物で人間の食べ物を分けてもらって食べているうちにだんだん雑食になってきました。
健康に身体を維持していくために必要な栄養素は炭水化物たんぱく質脂質ビタミンミネラルそしてです。

犬はもともと肉食のため高たんぱく高脂肪の食事が理想で、犬の年齢体調にあった栄養素をバランスよく体内に取り入れることが重要になります。

総合栄養食のドッグフードには犬に必要な栄養食がバランスよく含まれていいますが、手作り食を作る場合は栄養バランスに注意して作りましょう。

炭水化物

炭水化物

炭水化物エネルギー源で不足すると疲れやすくなります。
過剰摂取すると肥満の原因になります。

炭水化物は犬にとって必ずしも必要な食べ物ではありませんがたんぱく質を有効利用するために必要です。
炭水化物を多く含む食品は、イモ類トウモロコシなどです。

たんぱく質

たんぱく質

たんぱく質筋肉など体の組織を作る役割があります。
たんぱく質が分解されて作られる22種類あるアミノ酸生命維持のために必要ですが、犬は12種類は生成できますが、残り10種類は食事から摂取しなければなりません。

低品質のドッグフードでたんぱく質が不足すると体重の減少被毛の発育が悪くなるなどの影響があります。
たんぱく質を多く含む食品は、乳製品などです。

脂質

脂質

脂肪はエネルギー源となり体温維持に役立ちます。
脂溶性ビタミンであるビタミンA吸収を助けたり皮膚被毛を美しく保つためにも必要な栄養素です。

体内で作ることができない必須脂肪酸はベニバナ油やトウモロコシ油などの植物に含まれる油のリノール酸(オメガ6)です。
リノレン酸(オメガ3)も必要ですが犬はリノール酸からリノレン酸に転換することができます。

必須脂肪酸は摂りすぎると心筋梗塞脳梗塞アレルギー疾患などの原因になります。
量だけではなく、オメガ6とオメガ3の割合を5~10:1とバランスよく摂ることができるよう注意します。
脂質を多く含む食品は、乳製品油脂などです。

ビタミン

ビタミン

ビタミンには体内の代謝を整える役割があります。

ビタミンCは犬の体内でブドウ糖から合成することができ、ビタミンKは腸内細菌がほぼ十分な量を合成しているなど、必ずしも食事から摂取しなければいけないというわけではありません。

通常のドッグフードはビタミン量が強化されており不足することはありませんが、過剰に摂取した場合、水溶性ビタミンは体外へ排出されますが、脂溶性ビタミンは体内に蓄積されます。

脂溶性ビタミンが体内に蓄積されると食欲不振体重減少嘔吐などの症状が出ることがあります。
ビタミンを多く含む食品は、果物野菜肉類などです。

ミネラル

ミネラル

ミネラル骨や歯を作ったり体内の代謝を整える役割があります。
ミネラルはなくてはならない栄養素ですが、過剰摂取は害があるものが多いためバランスが大切です。

ミネラルにはカルシウムリンなどがあり筋収縮神経伝達体液のバランス調整などの働きがあります。

カルシウムが不足すると骨のミネラル減少になったり、カルシウムが多すぎる骨軟骨症になったり、カルシウム、リン共に多すぎるとマグネシウム不足になり元気がなくなったり、筋肉が衰えるなどの症状が出る場合もあります。

ミネラルを多く含む食品は、乳製品などです。

水

体温調節栄養素を体中に運ぶ働きがあります。
身体の約60~70%を構成する生命維持に最も大切な栄養素で、不足すると生命の危機になるとても大切なものです。

愛犬が清潔な水いつでも飲めるようにしておきましょう。

犬に必要な栄養のまとめ

食のケア

愛犬にとって生命を維持するために栄養とバランスはとても大切です。
それぞれの愛犬の身体や年齢に合わせた栄養を摂るということを飼い主がきちんと管理してあげなければいけません。

ドッグフードを食べさせているから大丈夫!ではなく、愛犬が食べているドッグフードにどの様なものが入っているか一度チェックしてみませんか?

ドッグフードにはどんな種類があるの? 種類別ドッグフードについてドッグフードには様々な種類や価格、味のものがあります。愛犬の状態や年齢、犬種にあったフードを選ぶことはとても大切な事です。愛犬にピッタリのドッグフードの選び方を知ることは愛犬の健康管理にもつながります。喜んで食べてもらえるドッグフードを選択しましょう。...

執筆者:ティアラ