基礎知識

ドッグフードにはどんな種類があるの? 種類別ドッグフードについて

ドッグフードには様々な種類のものがあります。
ドッグフードの特徴やドッグフードを選ぶ際のポイントなどをご紹介します。
ぜひ愛犬にピッタリのドッグフードを選んであげてくださいね。

ドッグフードのブランドとは

ドッグフードのブランドとは
ドッグフードには販売店を限定しないエコノミーブランド(ナショナルブランド)とペットショップやインターネットなど限定販売のプレミアムブランド(専門店ブランド)があります。

エコノミーブランド

エコノミーブランド

エコノミーブランドはスーパーやホームセンターで販売されており、低価格のものが中心となります。

プレミアムブランド

プレミアムブランド

プレミアムブランドは品質重視のものが多く、1つのブランドからライフステージ別に数種類販売されているものが多いのが特徴です。
それぞれのメーカーがこだわり商品特徴などに力を入れて作っているのが魅力です。

ドッグフードの形態別種類

ドッグフードの形態別種類

ドッグフードには大きく分けて「ドライフード」、「セミモイストフード」、「ウエットフード」があります。
それぞれに含まれている水分量代謝エネルギー量に特徴があります。

代謝エネルギー量とは食べ物の消化された部分のエネルギー量から便や尿に排出されるエネルギーを引いて実際に利用することができたエネルギーの事を言います。

ドライフード

犬の食事で必要な量やタイミングは?食べさせてはいけないものは何?

ドライフードは水分が10%以下と少なく、ドッグフードの種類によって異なりますが比較的栄養のバランスが取れたドッグフードです。

プレミアムブランドのドッグフードでは100gあたりの代謝エネルギー量が350~400kcalです。

一方動物性たんぱく質が十分に使用されていなくて炭水化物や食物繊維量の多い低品質のフードはカロリーが低く必要な栄養を得るために多くの量を摂取しなければなりません。
この様なフードは消化されにくく、便の量を増加させてしまいます。

セミモイストフード

エコノミーブランド

セミモイストフードは水分量が15~30%で代謝エネルギー量は150kcal程度です。
水分は多いのですが密閉されていないので使用されている添加物の量が多く消費期限などが長めに設定されています。

見た目の良さを重視して着色されているものも多いので、購入する際には注意が必要です。

ウエットフード

ウエットフード

缶詰フードとも呼ばれるウエットフードは水分量が約75%で代謝エネルギー量はプレミアムブランドのもので130~150kcal程度です。

中にはたんぱく質として大豆粉に着色して見た目を肉の様に見せた商品もあり、その商品の代謝エネルギー量は65~110kcal程度となります。

ドッグフードを選ぶ時のポイント

食べさせる量の目安

ドッグフードを選ぶ時のポイントとして、
・必要な栄養が入っているか
原材料にわからない材料が入っていないか
栄養構成の主体となるものは何か
合成添加物は入っていないか
賞味期限はいつまでか

などをしっかりと確認しましょう。

年齢別のドッグフード

食のケア

仔犬用成犬用シニア用などその年齢に必要な栄養に特化したドッグフードがあります。
フードを切り替える時は1度にすべての量を切り替えずに少しずつ愛犬の様子を見ながら徐々に新しいフードを増やすようにしましょう。

犬種別のドッグフード

犬種別のドッグフード

犬種別に小型犬用や大型犬用などフードのサイズが違ったり、犬種のもっている特徴に特化したフードもあります。

皮膚病にかかりやすい犬種、消化器系が弱い犬種、股関節が弱い犬種などそれぞれ犬種の弱点を考慮したフードになっています。

ドッグフードの選び方のまとめ

犬に必要な栄養とは?大切な栄養とバランスで健康管理をしよう

ドッグフードには様々な種類や成分、価格のものがあります。
愛犬の状態に合わせたり、飼い主のこだわりによって選択することになります。
愛犬にピッタリのドッグフードを選ぶことによって、愛犬の健康管理につながります。

【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング
【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング♪ドッグフードは様々な種類のものがあり、愛犬にどんなドッグフードを食べさせたらいいか悩む飼い主さんも多いのではないでしょうか?愛犬が喜んでおいしそうに食べてくれて、飼い主さんも安心して与えることのできるドッグフードにはどの様なものがあるのでしょうか?ドッグフードを選ぶポイントは愛犬の身体の状態や年齢、好みやアレルギーなど様々なものがあります。今回はドッグフードにたんぱく質が多く含まれている【動物性たんぱく質含有量】を重視したおすすめドッグフードランキングを紹介します。...

執筆者:ティアラ