基礎知識

国産と外国産?どっちを選ぶ?ドッグフードの違いや特徴について

国産と外国産?どっちを選ぶ?ドッグフードの違いや特徴について

愛犬に与えるドッグフードには国産外国産があります。
愛犬の身体によいドッグフードを与えたいと思う飼い主さんはどの様な事を基準にドッグフードを選んでいるのでしょうか?

国産・外国産ドッグフードにはどの様な違いや特徴があるのか確認してみましょう。

国産と外国産の違い

国産と外国産の違い

国産のドッグフードと外国産のドッグフードの大きな違いは「規制」の違いです。

国産ドッグフードの規制

国産のドッグフードは食品ではなく「雑貨」扱いで人間の食品では許可されていない添加物使用できるものがあったり、表示をしなくてもいい添加物があるなど安全基準が非常に緩いといえます。

表示義務のない添加物を使用している場合、無添加と記載することも出来てしまうのです。

外国産ドッグフードの規制

外国産は「食品」扱いのため添加物表示はもちろんの事、第三者機関のチェックが必要といったように安全基準が厳しくなっています。

国産ドッグフードの特徴

国産ドッグフードの特徴

国産ドッグフードの特徴としては・・・

穀類が主原料なものが多い

穀類が主原料なものが多い

国産のドッグフードは主原料穀類(小麦やトウモロコシなど)を使用しているものが多くみられます。

原材料表示は使われている量が多いものから順に記載されているため、穀類を多く使用しているドッグフードは原材料表示を見ると1~2番目穀類が書かれています。
本来肉食の犬は腸が短く穀類は消化しづらいのです。

穀類は肉などの動物性たんぱく質に比べて安価なため特に価格の安いドッグフードに主原料として使用されることが多いのです。

添加物を多く含んでいる

添加物を多く含んでいる

原材料表示の後ろの方に添加物が記載されておりますが、添加物を加えることでフードをかさ増ししたり、合成香料でいい香りを付けたり、合成着色料で鮮やかな色を付けたりしているフードもあります。
美味しそうなフードに見えるように香りをつけているんです。

外国産ドッグフードの特徴

外国産ドッグフードの特徴

外国産のドッグフードの特徴として、

動物性たんぱく質が主原料なものが多い

動物性たんぱく質が主原料なものが多い

外国産のドッグフードは主原料にチキンなどの動物性たんぱく質を使用しているものが多く、さら穀物不使用(グレインフリー)のものが非常に増えています。

添加物をあまり使用していない

添加物をあまり使用していない

酸化防止剤着色料など添加物が入っていないフードがとても多いです。

入手しにくい

入手しにくい

外国産はあまり店頭に並んでいないため入手しづらく、インターネット通販が主な購入方法になります。

良質なフードほど製造から流通までをしっかりと管理しているために販売ルートが制限されているのです。
インターネットで購入する際には正規取扱店から購入すると安心です。

国産と外国産のどっちを選ぶ?

国産と外国産のどっちを選ぶ?

規制の面から言えば安全性が高いのは断然外国産のドッグフードという事になります。
ただし一概にすべての国産ドッグフードが安全性が低いというわけではありません。
原材料安全に配慮して作られている品質の良い国産のドッグフードもあります。

選ぶ時に原産国を気にしても、表示義務があるのはドッグフードの原産国(最終加工した国)のみですので原料の産地まではわからない場合が多いのです。

ドッグフードの質を見極める

ドッグフードの質を見極める

ドッグフードを決める際に一番大切なのは品質です。
安全性を第一に考えるのであれば国産・外国産という点だけではなく、どの様な原材料が使用されているのかをしっかりチェックすることの方が大切なのです。

主要原材料動物性たんぱく質でチキンやラム、ビーフなどといったように明確に表示されているフードがおすすめです。

肉類」や「副産物」、「ミートミール」などの場合は筋肉や脂肪以外の部位も含まれている可能性が高く、筋肉や脂肪以外の部位は消化が悪いためにほとんど栄養として吸収されることはありません。

ドッグフードは国産?外国産?のまとめ

犬に必要な栄養とは?大切な栄養とバランスで健康管理をしよう

ドッグフードを選ぶ際には国産・外国産という視点から考える方法もありますが、それよりもどの様な原材料が使用されているのかという事の方が大切なんです。

そして穀類ではなく動物性たんぱく質主原料としてしていること、出来れば消化に良くない穀物を出来るだけ使用していないものを選ぶようにしましょう。

合成香料合成着色料保存料などの添加物は極力使用していないドッグフードの方が安心して食べさせることができます。

愛犬が毎日食べるドッグフードは飼い主さんがしっかりとチェックして安心して与えることができる品質のフードを選んで下さいね。

【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング
【動物性たんぱく質含有量】重視のおすすめドッグフードランキング♪ドッグフードは様々な種類のものがあり、愛犬にどんなドッグフードを食べさせたらいいか悩む飼い主さんも多いのではないでしょうか?愛犬が喜んでおいしそうに食べてくれて、飼い主さんも安心して与えることのできるドッグフードにはどの様なものがあるのでしょうか?ドッグフードを選ぶポイントは愛犬の身体の状態や年齢、好みやアレルギーなど様々なものがあります。今回はドッグフードにたんぱく質が多く含まれている【動物性たんぱく質含有量】を重視したおすすめドッグフードランキングを紹介します。...

執筆者:ティアラ